VANS(ヴァンズ)の修理例 2


15年以上の修理実績と技術で
VANSのスニーカーをプロが直します!    


アメリカのスニーカーブランドである
「VANS」

スケーターやバンドマンに
絶大な人気を誇っている

ストリートファッションの定番スニーカーです

そのソールはカップ状の消耗品で
大きくすり減るとの修理がこんなんです

意外と知られていませんが

そういったソールを長く楽しむには
実はソールにゴムを貼るのがオススメです

シャークソール、スカルソール、クレープソール
などに加え

他店ではあまり実施していない
「カカト強化」にも対応しています

そうやって接地面を補強してあげれば
底を傷めずに長くキレイに履くことが可能です


とりあえず聞きたいことがある!」という方は↓
メール→Mail     LINE→


具体的なVANS修理の実例の画像や
修理方法の詳しい解説は下記をご覧ください↓





2021.12.13

VANS(バンズ)のスニーカーの
ソール側面の剥がれ修理です


側面が剥がれてくるのは
VANSあるあるですよね(^^)

接着だけでは保たないので
縫い付けて物理的に固定してしまいます




剥がれを薬品とボンドで接着してから
側面の凹みに合わせてミシンを走らせていきます

指の付け根辺りからカカトを周り
反対側の指の付け根辺りまでグルリと縫い付けますよ


VANSのソール剥がれのミシンステッチ修理、1

VANSのソール剥がれのミシンステッチ修理、2

VANSのソール剥がれのミシンステッチ修理、3


ソールに似た色の糸を使っていますので
仕上がりも自然ですね

これで安心です(^^)


今回の修理金額は両足で4400円です
状態によって料金は前後します




2021.12.13

VANS(バンズ)のソール補強、2足口です


グレーは少し履いていますが
カカトはさほど減っていません

黒のネイバーフッドコラボは新品です(^^)




バンズのスニーカーソール補強修理、1


グレーは接地面を薄く削り、淵から少し内側のラインで
全体にビブラム342ソールを貼りました


バンズのスニーカーソール補強修理、2


黒は接地面の内側部分が一段高くなっていますので
その淵に沿ってゴムを貼っています

こちらは6ミリ厚のクレープゴムです


バンズのスニーカーソール補強修理、3


これで2足ともバッチリですね(^^)

カカトが減ってきたらまたお声がけ下さい♪


今回の修理金額はグレーが8800円
黒が5500円です
状態によって料金は前後します




2021.12.11

VANS(バンズ)のスニーカーソール補強修理
2足口です


新品と少し履いたものと2足ですね(^^)

どちらも底にゴムを貼って補強しますよ~




どちらも同じ作業です

接地面を薄く削り、淵から少し内側のラインで
全体にゴムを貼っていきます

どちらもビブラム342ソールに
カカトをタフZで強化しています


VANSの底をシャークソールで補強、1

VANSの底をシャークソールで補強、2

VANSの底をシャークソールで補強、3


こうして底にゴムを貼ると
クッション性も増して楽に履けます

342ソールはそのギザギザがクッションになり
履き心地もいいですよ(^^)

今回の修理金額はそれぞれ両足で11000円です
状態によって料金は前後します




別注のビブラム342ソール
いわゆるシャークソールの赤色です(^^)


シャークソールレッド、1


サンプルで作ってみたのですが
発色もキレイでいい感じです(^^)


シャークソールレッド、2


ビブラムの5ミリ厚の赤いゴムがあるのですが
そちらと色味が似ています

今のところスポットで入れましたので
在庫がなくなるまでのご対応となります


シャークソールレッド、3


注文が多い場合は定番化しますので
どしどしご用命くださいませ(^^)



2021.11.12

VANS(ヴァンズ)のスニーカーソール補強です


新品のうちにソール補強ですね(^^)
長くキレイに履けるようにします




接地面を薄く削り、淵から少し内側のラインで
全体にビブラムスカルソールを貼りました


VANSの底をスカルソールで補強、1

VANSの底をスカルソールで補強、2

VANSの底をスカルソールで補強、3

VANSの底をスカルソールで補強、4


VANSのソールは凹凸の凹が多く
接着面積が少なめですので

薬品を使って接着力を高めて貼り付けています(^^)

今回の修理金額は両足で6600円です
状態によって料金は前後します




2021.11.10

VANS(ヴァンズ)のスリッポンのソール補強です


新品のうちに、履いてすり減ってしまう前に
先にゴムを貼って接地面を保護します(^^)




ソールを薄く削り、淵から少し内側のラインで
全体にゴムを貼っていきます

今回はビブラム342ソールを使っています


VANSのスリッポンのソール補強、1

VANSのスリッポンのソール補強、2

VANSのスリッポンのソール補強、3

VANSのスリッポンのソール補強、4


これでバッチリ補強できましたね(^^)

カカトが減ったらまたお声がけ下さい

今回の修理金額は両足で8800円です
状態によって料金は前後します




2021.9.13

VANS×NEIGHBORHOODのスニーカーの
ソール補強修理です


コラボの影響なのか、ソールの素材や形状が
本来と少し違いますね(^^)






ソール接地面のグレーの網目模様の部分だけを
薄くほんの少し削り

その淵に沿ってゴムを貼っていきます

今回は6ミリ厚のクレープゴムに
カカトをタフZで強化して仕上げています


VANS×NEIGHBORHOODのスニーカー修理、1

VANS×NEIGHBORHOODのスニーカー修理、2

VANS×NEIGHBORHOODのスニーカー修理、3

VANS×NEIGHBORHOODのスニーカー修理、4


これでソール自体を減らさずに履いていけますね

ソール補強のタイミングは
早ければ早いほどキレイに仕上がります

ベストなのは今回のように新品時です(^^)


今回の修理金額は両足で7700円です
状態によって料金は前後します





VANS(ヴァンズ)の減りすぎたカカトと
ソールの補強修理です


1足はカカトが減りすぎてゴムが欠けていましたので

その高さまで斜めに削り落としてから
スポンジを貼ってまずは高さを戻します









カカトの減りすぎたVANSの修理、1

カカトの減りすぎたVANSの修理、2

カカトの減りすぎたVANSの修理、3


その上でソール接地面を薄く削って
淵から少し内側のラインでゴムを貼っています

ビブラムスカルソール+タフZの仕様です


もう1足は新品ですね(^^)

同じように接地面を削り
同じ組み合わせでゴムを貼っています







VANSのソールを新品のうちに補強、1

VANSのソールを新品のうちに補強、2

VANSのソールを新品のうちに補強、3

やはり新品のうちにゴムを貼ると
仕上がりがキレイですね~~~♪


減りすぎたカカトはどうしても
「付け足した感じ」になってしまいますが

履いていく中で使用感が出て
馴染んでいくと思います(^^)

今回の修理金額は減りすぎている方が11000円
新品のほうが8800円です
状態によって料金は前後します





VANS(ヴァンズ)のソール補強、2足口です


片方はメタリカのロゴ入りですね
メタリカって、あのメタリカですよね(^^)

コラボモデルのようです

メタリカのVANSの修理、1

メタリカのVANSの修理、2


どちらもソールの構造は同じなので
作業も同じです(^^)


メタリカのVANSの修理、3

メタリカのVANSの修理、4

メタリカのVANSの修理、5


接地面を薄く削って、薬品を塗り
表面を作ります


VANSのソール補強、1

VANSのソール補強、2


その上で

メタリカにはスカルソールを
もう1足はスカル+タフZを貼っています







やはりハードロックなのでスカルソールでしょうか(^^)

ドクロを踏みしめてガンガン履いてくださいね~~

今回の修理金額はメタリカが6600円
もう1足が8800円です
状態によって料金は前後します








もっと見る→









2021.