ニューバランス(New Balance)
の修理を専門家が解説します


これまでNB修理、累計1600足以上の実績で
ニューバランスのスニーカーをプロが直します


アメリカのスポーツシューズメーカーである
「ニューバランス」はその素晴らしい履き心地で
多くのファンを獲得しています

アップルの創設者、故スティーブジョブス氏が
長く愛用したことでも有名ですね

その中でも1400、1300、996、576、998
といったモデルは
当店に多くの修理依頼が届きます

代表的な修理がヒールカウンタの破れで
当店では本革にて丈夫でキレイに直しています

また、

・カカトのリフレクタの貼替え
・シュータンの作り直し
・アウトソールをビブラムで貼替え
・オールソールの交換

など、メーカーでも対応のできない修理を
確かな技術でご提供しています

チェーン店では出せないクオリティで
安心の仕上がりをご提供します


とりあえず聞きたいことがある!」という方は↓
メール→Mail     LINE→


具体的なニューバランス修理の実例の画像や
修理の詳しい解説は下記をご覧ください↓





2021.10.17

ニューバランス(New Balance)1300の
シュータンの作り直し修理です

経年劣化でベロが崩れています

この部分はメーカー非対応ですので
街の修理屋の出番ですね(^^)




古いベロを外し、それで型をとって
革で新たなベロを作成します

新たなベロは淵を縫い付けてから裏返す
袋状の構造になっています

根元部分は革の淵を漉いていますので
足当たりも違和感はありません(^^)


ニューバランス1300のシュータン交換修理、1

ニューバランス1300のシュータン交換修理、2

ニューバランス1300のシュータン交換修理、3


新たに作り直してもNB1300のタグを移植するだけで
オリジナル感が出ます

カカト内側の合成皮革とも色が近く
一体感が出ていますね(^^)

今回の修理金額は両足で4400円です
状態によって料金は前後します




2021.10.15

ニューバランス(New Balance)1400の
カカト外側と内側の修理です

外側が経年劣化で崩れていますが
この部分は単体では修理ができませんので

内側とセットでキレイにします(^^)






カカト周りを分解し、外側の合成素材を外して
グレーメタリックの革で貼り替えます

その上で内側全体を黒い革でカバーして
仕上げています

※内部クッションは無事でしたので再利用しています


ニューバランス1400のヒールカウンタとリフレクタ修理、1

ニューバランス1400のヒールカウンタとリフレクタ修理、2

ニューバランス1400のヒールカウンタとリフレクタ修理、3


これでバッチリキレイになりましたね(^^)

内側も布が革になって
耐久性がアップしていますよ

今回の修理金額は両足で11000円です
状態によって料金は前後します




2021.10.9

ニューバランス(New Balance)M577の
カカトのすり減り修理です


カカト外側が斜めにすり減ったので
ゴムを貼って高さを戻します(^^)




斜めに減っている部分をもう少し削って
均してから

黒いゴム傾斜板を貼って
厚みを戻しました


ニューバランスM577のカカトすり減り修理、1

ニューバランスM577のカカトすり減り修理、2


こうしてよく減るカカトだけ修理しながら
しばらく履いていくことができます

ソールの前の方も減ってきたタイミングで
アウトソールの貼替えですね(^^)

今回の修理金額は両足で1650円です
状態によって料金は前後します





ニューバランス(New Balance)1400の
サイドのNマークの作り直し修理です


劣化したり傷んでいるわけではないのですが
デザインを変えたいというご希望です

革で新たに作り直しますよ(^^)






縫い付けているステッチをすべて切って
古いマークを外してしまい

同じ形で革で作り直して
同じようにミシンで縫い付けています


ニューバランス1400のNマークの貼替え修理、1

ニューバランス1400のNマークの貼替え修理、2


新たなマークは青い革の土台にグレーメタリックで
1400によくあるデザインの再現ですね

しかも合成素材ではなく本革なので
ボロボロに崩れる心配もありません(^^)


今回の修理金額は両足で8800円です
状態によって料金は前後します





ニューバランス(New Balance)576の
ソール剥がれの再接着です


あ、修理前に撮影忘れてしまいました・・

カカトのプラスチックパーツが割れていましたので
ソールを全て剥がして修理にかかります

幸いソールは簡単に剥がせましたので
そのまま再接着可能です




プラスチックパーツはキレイに除去して
革で同じ形に作り直します

今回はアッパーの革に合わせて
黒い革をご選択いただきました


ニューバランス576のソール再接着修理修理、1

ニューバランス576のソール再接着修理修理、2

ニューバランス576のソール再接着修理修理、3

ニューバランス576のソール再接着修理修理、4


その上で剥がしたソールをキレイにして
薬品とボンドで再接着します

圧着もしていますので
しっかり貼りつていますよ(^^)

今回の修理金額は両足で11000円です
状態によって料金は前後します




ニューバランス(New Balance)996の
サイドのNマークの修理です


なにか薬品がかかってしまったのか
サイドのNマーク表面の反射素材が変色しています

化学変化のようなので
サクッと革で作り直して貼り替えましょう(^^)

NB996のサイドのNマークの交換、1

NB996のサイドのNマークの交換、2


縫い糸を切ってNマークを外し
そちらで型をとって革をカットしていきます

同じ形で作り直せば
驚くほど自然に仕上がるんですね


NB996のサイドのNマークの交換、3

NB996のサイドのNマークの交換、4


今回は傷んだ1ヶ所だけの修理ですが
その他の3箇所と比べても自然に仕上がっています

「これわかる?ここだけ貼り替えてるんだよ」

なんてネタになるかもしれませんよーー(^^)

今回の修理金額は1ヶ所で2200円です
状態によって料金は前後します



ニューバランス(New Balance)1300の
つま先メッシュの穴あき修理です


BBQで火の粉が飛んでしまいメッシュが溶けてしまったようです
バーベキューに大事な靴履いてっちゃダメですよ〜〜〜(^^)

炭火はスニーカーにとっては凶器です

ニューバランスのメッシュ穴あき破れも修理します、1

ニューバランスのメッシュ穴あき破れも修理します、2


穴そのものを直すのではなく
メッシュ部分をスエードで覆って穴を隠します

ナイロン素材のメッシュがスエードに変わりますが
意外と自然に仕上がるんですね


ニューバランスのメッシュ穴あき破れも修理します、3

ニューバランスのメッシュ穴あき破れも修理します、4


甲が革になり耐久性もかなりアップしてます

デザインも変わり新たな靴として
楽しめそうですね(^^)

NB1300の第二章です♪

今回の修理代金は両足で8800円です
状態によって料金は前後します





ニューバランス(New Balance)576の
カカト周りの修理です


カカト外側が、年数が経ち劣化してボロボロになっていますので
革で貼り替えてキレイに修理します

内側もセットでの修理になりますので
こちらも本革で施工します(^^)






外側を剥がしてグレーメタリックの革で同じ形に作り直し
同じように縫い付けて貼り替えます


内側はこげ茶の革を使い
丁寧にヒールカウンタ全体をカバーしていきます


ニューバランス576のリフレクタとヒールカウンタ修理、1

ニューバランス576のリフレクタとヒールカウンタ修理、2

ニューバランス576のリフレクタとヒールカウンタ修理、3


内部のスポンジも経年劣化して粉になり始めていましたので
新たなクッションを詰め直してありますよ(^^)

見た目も履き心地も、これで復活です

今回の修理金額は両足で12100円です
状態によって料金は前後します





ニューバランス(New Balance)576のソールの修理です


パット見は問題なさそうに見えますが
ソール接着のボンドが経年劣化でダメになっていました








ミッドソールを剥がし、アウトソールも剥がしてしまい
一旦ソールそのものをバラバラにします

再接着するのですが

カカトの硬いベージュのプラスチックパーツを
そのまま残せませんので
こちらを似た色の革で貼り替えて縫い付けます

その上でミッドソールを元通り接着して
元に戻して行くのですが

ここは薬品とボンドを使用して
強力に貼り付けていきます

アウトソールのゴムもおそらく劣化しているので
こちらはビブラム2074ソールで貼り替えることになります


ニューバランス576のソール貼替え修理、1

ニューバランス576のソール貼替え修理、2

ニューバランス576のソール貼替え修理、3


今回はプラスチックパーツと近い色の革がありましたので
似た雰囲気で仕上がっていますね(^^)

ミッドソールを再利用して再接着していますので
履き心地の変化もほとんどない仕上がりです


今回の修理金額は両足で16500円です
状態によって料金は前後します




ニューバランス(New Balance)1400の
シュータンの修理です


年数が経ってベロベロにめくれてしまったシュータンを
革で作り直しますよ(^^)

元々の合成素材が本革になりますので
高級感のある仕上がりになります




ベロを一旦靴本体から外して
そのシュータンで型を取り

革で同じ形で作り直します

NB1400のロゴを移植すると
まるでオリジナルのように仕上がりますね♪


ニューバランスのシュータン修理、1

ニューバランスのシュータン修理、2


今回はご希望で内部にスポンジを入れていますので
フィット感も抜群です(^^)

これでまだまだ履いていけます


今回の修理金額は両足で5500円です
状態によって料金は前後します




ニューバランス(New Balance)996のベロの修理です


シュータン内部のスポンジが崩壊していますので
一度シュータンを外してキレイに掃除しますよ〜〜






ベロ根元のステッチを解いてベロを外し
回りのステッチも解いて裏の布地を剥がしてしまいます

その上でエアーで粉になったスポンジを飛ばし
キレイに掃除をした上で

新たなスポンジを内部に詰め直してから
シュータンの裏を革で貼り替えて仕上げてあります


ニューバランス996ぼシュータンの修理、1

ニューバランス996ぼシュータンの修理、2

ニューバランス996ぼシュータンの修理、3


これでキレイになりましたね(^^)

クッションもいいのでフィット感もいいですよ〜〜〜

今回の修理金額は両足で7700円です
状態によって料金は前後します




ニューバランス(New Balance)997の
メッシュ部分の穴あきの修理です


どこかで引っ掛けちゃったんでしょうか・・
甲のメッシュ部分に大きな穴が空いてしまっています

デザインは少し変わってしまいますが
キレイに修理して履けるようにしますよー


ニューバランス997のメッシュ破れ修理、1

ニューバランス997のメッシュ破れ修理、2


部分的な修理では綺麗に仕上がりませんので
メッシュ全体をスエードで覆ってしまいます

その際に薄いシルバーの合成素材を除去して
この先の加水分解を事前に防ぎます

このパーツはいずれ劣化して崩壊してしまうので
デザインさえOKなら、ないほうがキレイに履けるんですね〜


ニューバランス997のメッシュ破れ修理、3

ニューバランス997のメッシュ破れ修理、4

ニューバランス997のメッシュ破れ修理、5

今回の靴は周りのステッチを解くと
メッシュが剥がせるタイプでしたので

剥がしてスエードで貼り替えた形で仕上げています

いかがでしょうか?
自然に仕上がっていると思いませんか?(^^)

今回の修理金額は両足で8800円です
状態によって料金は前後します




ニューバランス(New Balance)1400の
オールソールの貼替えとカカト周りの修理、
ベロの作り直しです


ソールは内部のポリウレタンが
経年劣化で崩壊していましたので

全て削り落としてソールを丸ごと作り直します

NB1400のスニーカーのオールソール貼替え修理です、1

NB1400のスニーカーのオールソール貼替え修理です、2

NB1400のスニーカーのオールソール貼替え修理です、3


カカトの硬いラバー部分を薄グレーのスエードで貼り替えてから
10ミリの白いスポンジを底に貼って縫い付けます

こうやってミッドソールを縫い付けておけば
年数が経っても剥がれることがないんです

その上で同じスポンジをカカトに積んで高さを出してから
ビブラム2002ソールで接地面を仕上げています

このソールはニューバランスのソールに非常に似ており
オリジナルのような仕上がりが手に入ります


NB1400のスニーカーのオールソール貼替え修理です、4

NB1400のスニーカーのオールソール貼替え修理です、5

NB1400のスニーカーのオールソール貼替え修理です、6


デザインや履き心地は少し変わってしまいますが
これでソールは完全復活です(^^)


カカト周りは外側の反射板をグレーメタリックの革で貼り替えてから
内側全体を白い革で貼り替えています


NBスニーカー修理、カカト内側、外側、シュータン、1

NBスニーカー修理、カカト内側、外側、シュータン、2


内部のクッションスポンジが一部崩壊していましたので
新たにスポンジを足してクッションを良くしています


ベロは白い革で作り直して「NB1400」のロゴを移植し
裏のバーコードシールも移植して、内部にスポンジを詰めています


NBスニーカー修理、カカト内側、外側、シュータン、3

NBスニーカー修理、カカト内側、外側、シュータン、4


これでカカト周りもベロも復活しましたので
永く履いていけそうですね(^^)

今回の修理金額はオールソールが22000円
カカト周りが12100円、ベロが6600円です
状態によって料金は前後します




ニューバランス(New Balance)のソール貼替え修理です


ソールは剥がれや部分的なカカト修理で依頼されたのです
これぐらいゴムがひび割れてると・・

貼り替えたほうがいいと思います

ニューバランスのひび割れたソールを貼り替えました、1

ニューバランスのひび割れたソールを貼り替えました、2

ニューバランスのひび割れたソールを貼り替えました、3

ニューバランスのひび割れたソールを貼り替えました、4


劣化した黒いアウトソールを剥がして
ビブラム2002ソールで貼り替えています


ニューバランスのひび割れたソールを貼り替えました、5

ニューバランスのひび割れたソールを貼り替えました、6

ニューバランスのひび割れたソールを貼り替えました、7


これでまた気持ちよく履いていけますね(^^)

今回の修理金額は両足で7700円です
状態によって料金は前後します




ニューバランス(New Balance)1400の
カカト外側、内側、サイド合皮の貼替え修理です


カカト外側と内側の修理でご依頼いただきましたが
いざ作業を始めると再度の合皮部分も傷んでいました

なのでサイド部分4枚も全て革で貼り替えます(^^)

ニューバランス1400の合成皮革を革で貼替え、1

ニューバランス1400の合成皮革を革で貼替え、2

ニューバランス1400の合成皮革を革で貼替え、3


カカトまわりを分解して、外側のリフレクタも剥がし
サイドの合皮も全て外してしまいます

それぞれをグレーメタリックの革で貼り替えてから
カカト内側全体を白い革でカバーしています


ニューバランス1400の合成皮革を革で貼替え、4

ニューバランス1400の合成皮革を革で貼替え、5

ニューバランス1400の合成皮革を革で貼替え、6

ニューバランス1400の合成皮革を革で貼替え、7


今回は内部のスポンジが無事でしたので
そのまま再利用して仕上げています

これで靴の後ろ半分がシャキッとしましたね(^^)

今回の修理金額はカカト内側が6600円、外側が4400円
サイドが4箇所で13200円です
状態によって料金は前後します





2020.10.16

ニューバランス(New Balance)576のカカト内側と
サイドの白い部分(1ヶ所)の修理です


カカト内側の破れ修理と同時に
サイドの白い合皮の傷んでいる部分だけを、革で貼り替えます

ニューバランスのサイド合皮パーツの修理、1

ニューバランスのサイド合皮パーツの修理、2

ニューバランスのサイド合皮パーツの修理、3


履き口淵のステッチを解いてカカト周りを分解し
傷んでいる左足内側の白いパーツも外します

これを白い革で貼り替えてから
カカト内側も、同じ白い革でカバーしています


ニューバランスのサイド合皮パーツの修理、4

ニューバランスのサイド合皮パーツの修理、5

ニューバランスのサイド合皮パーツの修理、6

1ヶ所だけ真っ白になっていますが(^^)
履いていくうちに使用感が出馴染むと思います


今回の修理金額はサイドが4400円、カカト内側が6600円です
状態によって料金は前後します




ニューバランス(New Balance)576の
オールソールの交換修理です


NBはソールにポリウレタンを使っているものが多く
年数が経つとボロボロに崩れてしまいます

ってことで、サクッと作り直しますよ〜〜(^^)

NBの崩れたソールを交換します、1

NBの崩れたソールを交換します、2

NBの崩れたソールを交換します、3

NBの崩れたソールを交換します、4


カカトの硬いラバー、こちらではヒールカップと呼んでいますが
この部分も革で貼替えになります

今回はこげ茶の革をお選びいただきました
それを同じ形で縫い付けて接着跡を隠します

その上で10ミリのスポンジを底に縫い付けて土台にし
カカトにもう1枚色違いのスポンジを積んで高さを出して

ビブラム2002ソールを貼って接地面を仕上げています


NBの崩れたソールを交換します、5

NBの崩れたソールを交換します、6

NBの崩れたソールを交換します、7

NBの崩れたソールを交換します、8


これまでミッドソールは1色で仕上げることが多かったのですが
ツートンカラーもいい感じですね(^^)

このカラーリングをお選びいただいたお客様のセンスに脱帽です♪

今回の修理金額は両足で22000円です
状態によって料金は前後します




ニューバランス(New Balance)の
スニーカーのカカトすり減り修理です


すり減ったカカトを部分貼替えしますよ〜〜

New Balanceのカカト修理はお任せください、1

New Balanceのカカト修理はお任せください、2


すり減っている部分をカットできるラインで黒いアウトソールを削り落として
ミシュランヒールで貼り替えています


New Balanceのカカト修理はお任せください、3

New Balanceのカカト修理はお任せください、4


元のソールとだいたい似たような厚みですので
履き心地も戻ってると思いますよ(^^)

今回の修理代金は両足で2700円です
状態によって料金は前後します




ニューバランス(New Balance)996のカカト内側の修理です


破れているわけではないのですが(^^)いずれ破れるのを見越して
先に革で補強してしまいます

こういうのもアリですよー

白いかカカト内側をこげ茶にします、1

白いかカカト内側をこげ茶にします、2


履き口淵の袋縫いステッチをすべて解いて
同じぐらいの位置で革を縫い付けます

その革をガバっと内側に巻き込むように接着して
靴ヒモの穴付近のステッチを利用して縫い付けています


白いかカカト内側をこげ茶にします、3

白いかカカト内側をこげ茶にします、4

白いかカカト内側をこげ茶にします、5

今回はご希望でこげ茶の革をお選びいただきましたので
ガラリと雰囲気が変わりましたね(^^)

こうやって修理の際に色で遊ぶのも、醍醐味だと思います♪

今回の修理金額は両足で6600円です
状態によって料金は前後します




ニューバランス(New Balance)N580の
「ボリューム系ソール」のオールソール修理です


ソールが経年で劣化して崩れていましたので
丸ごと作り直しています








まずアッパーに被さったソールの接着跡に
同じラインでこげ茶の革を縫い付けてます

そして10ミリのこげ茶のスポンジを底に縫い付け土台にして
カカトに同じスポンジを積んで元のバランスに近い高さにします

最後に、接地面にビブラムソール2002を貼って
仕上げています









見た目も履き心地も全く別の靴になっていますが
新たな靴として履いてくださいね(^^)

諦めなければなんとかなります!

今回の修理は両足で26400円です
状態によって料金は前後します




もっと見る→


当サイトは基本的にリンクフリーですが
事前にご連絡いただけるとありがたいです

また当サイトをご紹介いただく為でない場合は
画像、文章、その他一切の無断転用を禁止させていただきます

ブログ等で当サイトを宣伝していただくのは大歓迎です(^^)




2021.