バレンシアガ(BALENCIAGA)
の修理を専門家が解説します


17年以上の修理実績と技術!
特に「トリプルS」のソール補強に強い!


クリストバル・バレンシアガによって設立されたフランスのブランド 【BALENCIAGA】

その中でものトリプルSのソール補強はこれまで数多くの施工経験があります

他店ではなかなか受けてもらえない特殊な修理ですが、当店では豊富な経験がありその仕上がりに大変お喜びいただいています

とりあえず聞きたいことがある!」という方は↓
メール→Mail  LINE→友だち追加



具体的なバレンシアガの修理の実例の画像や
修理方法の詳しい解説は下記をご覧ください↓





2024.3.15

バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)のソール補強です


6ヶ所に分かれたセパレートソールのそれぞれにゴムを貼ります(^^)




それぞれの底面を少し削って整え外側の淵から少し内側のラインでゴムを貼っていきます(カカト三角は淵に沿って貼ります)

前3ヶ所には6ミリ厚クレープゴムを、カカト3ヶ所にはミシュランヒールを使っています


バレンシアガ【トリプルS】のソール補強、1

バレンシアガ【トリプルS】のソール補強、2

バレンシアガ【トリプルS】のソール補強、3

バレンシアガ【トリプルS】のソール補強、4


あとは減った箇所を貼り替えながら履いていきましょう(^^)

今回の修理は両足で19800円です
状態によって料金は前後します



2024.3.2

バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)のソール補強です


6ヶ所に分かれた接地面それぞれにゴムを貼ります




それぞれの底面をある程度削って整え、減りすぎたカカトも斜めに削って整えます

その上で前3枚には柔らかいクレープゴムを、カカト3枚は丈夫なミシュランヒールを貼っています


トリプルSのソール補強ですり減り防止、1

トリプルSのソール補強ですり減り防止、2

トリプルSのソール補強ですり減り防止、3

トリプルSのソール補強ですり減り防止、4


はい完成です(^^)

あとは減った箇所を貼り替えながら履いていきましょう♪

今回の修理は両足で19800円です
状態によって料金は前後します



2024.1.24

バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)のソール補強修理です


カカトが少し減っていますがこれぐらいなら問題ありません(^^)




6箇所に分かれたソール接地面のそれぞれを少し削って均し、外側から少し内側でラインを取りゴムを貼っていきます

前3ヶ所には6ミリ厚のクレープゴムを、カカト3ヶ所にはミシュランヒールを使っています

※カカト三角は外側の淵に沿ってゴムを貼っています


トリプルsのソールを補強して長持ちさせます、1

トリプルsのソールを補強して長持ちさせます、2

トリプルsのソールを補強して長持ちさせます、3

トリプルsのソールを補強して長持ちさせます、4

トリプルsのソールを補強して長持ちさせます、5


こうしてゴムを貼っておけばソールの身代わりにゴムが磨り減ってくれます
そのゴムを貼り替えていけば長くキレイに履いていけます(^^)

今回の修理は両足で19800円です
状態によって料金は前後します



2024.1.8

バレンシアガ トリプルS(TRIPLE S)のソール補強です


少しカカトが減っていますがモンダイアリマセン(^^)




6箇所それぞれを少し削ってある程度フラットにし(削りすぎると穴が空きます)それぞれにゴムを貼っていきます

前3箇所には6ミリ厚クレープゴムを、カカト3箇所には6ミリ厚のミシュランヒールを使っています


バレンシアガ【トリプルS】のソール補強、1

バレンシアガ【トリプルS】のソール補強、2

バレンシアガ【トリプルS】のソール補強、3

バレンシアガ【トリプルS】のソール補強、4


トリプルSのソールは樹脂系でそのまま履くとあっという間にカカトが減ります

長く履いていくならゴムを貼っておくのがオススメです(^^)

今回の修理は両足で19800円です
状態によって料金は前後します



2023.12.22

バレンシアガ×グッチ(BALENCIAGA×GUCCI)のコラボのトリプルSのソール補強修理です

そのまま履くと消耗品になりがちなソールにゴムを貼って長持ちさせます(^^)




6箇所に分かれた底面をそれぞれある程度フラットに削りゴムを貼っていきます
前3箇所には6ミリ厚のクレプゴムを、カカト3箇所には同じく6ミリ厚のミシュランヒールを使っています


トリプルSのソール補強修理で長持ち、1

トリプルSのソール補強修理で長持ち、2

トリプルSのソール補強修理で長持ち、3

トリプルSのソール補強修理で長持ち、4


こうしてゴムを貼っておけばソールの代わりにゴムが磨り減ってくれます
その「減った箇所のみ」を貼り替えていけば長くキレイに履けます(^^)

まずはカカトの三角ゴム、次につま先が減りやすい傾向です♪

今回の修理は両足で19800円です
状態によって料金は前後します



2023.10.31

バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
の底面にゴムを貼って補強します


カカトが少し減っていますが(^^)このタイミングでゴムを貼ってこれ以上減らないようにします




6ヶ所に別れたソールをそれぞれ少し削って均し、前3ヶ所には柔らかいクレープゴムを、カカトには丈夫なミシュランヒールを貼っています











こうしてゴムを貼ればあとはソールの代わりにすり減ってくれます
すり減ったら「減ったヶ所」のみを貼り替えていけばコスパもいいですね(^^)

今回の修理は両足で19800円です
状態によって料金は前後します



2023.10.28

BALENCIAGA トリプルS×アディダスの
コラボスニーカーのソール補強です


ほんの少しだけ履いているほぼ新品です(^^)




6ヶ所それぞれの底面を少し削って均し
前3ヶ所には柔らかい6ミリ厚のクレープゴムを
カカトには丈夫な6ミリ厚のミシュランヒールを貼っています


トリプルS×アディダスのコラボスニーカーのソール補強、1

トリプルS×アディダスのコラボスニーカーのソール補強、2

トリプルS×アディダスのコラボスニーカーのソール補強、3

トリプルS×アディダスのコラボスニーカーのソール補強、4


こうしてゴムを貼っておけば安心して履けますね

ソールが樹脂系のスニーカーは思いのほか減りが早いので
オススメの施工です(^^)

今回の修理は両足で19800円です
状態によって料金は前後します



2023.10.18

バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のソール補強修理です


少し履いてカカトが減っていますがマッタク問題ありません(^^)




接地面6ヶ所をそれぞれある程度平らに削り
それぞれにゴムを貼っていきます

前3ヶ所には6ミリ厚のクレープゴムを貼り
カカト3ヶ所には同じく6ミリのミシュランヒールを使っています


【BALENCIAGA TRIPLE S】のソール補強、1

【BALENCIAGA TRIPLE S】のソール補強、2

【BALENCIAGA TRIPLE S】のソール補強、3

【BALENCIAGA TRIPLE S】のソール補強、4


トリプルSは個体差が結構あるタイプで
靴を置いた時にピタッと接地するモノもあれば
ガタガタとガタつくモノもあります

原因は底面の歪みですのでゴム貼り加工の際に
できるだけガタツキを解消するよう頑張ります(^^)

とはいえどうしても残ってしまう場合もありますので
予めご了承いただけますと助かります♪

今回の修理は両足で19800円です
状態によって料金は前後します



2023.9.10

バレンシアガ トリプルS(TRIPL S)のソール補強です


6箇所に分かれたセパレートソールに
それぞれゴムを貼っていきます




それぞれの底面をある程度フラットに削り
外側の淵から少し内側のラインでゴムを貼ります

前3ヶ所には6ミリ厚のクレープゴムを
カカト3ヶ所には同じく6ミリのミシュランヒールです


トリプルSのスニーカーソール補強修理、1

トリプルSのスニーカーソール補強修理、2

トリプルSのスニーカーソール補強修理、3

トリプルSのスニーカーソール補強修理、4


こういったセパレートソールも
それぞれにゴムを貼れば大丈夫です(^^)

あとは減った箇所を貼り替えて履いていきます♪

今回の修理は両足で19800円です
状態によって料金は前後します




バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のカカト内側の破れ修理です


ガッツリ破れてますね〜〜(^^)








履き口のステッチを解いて分解し
クッションスポンジを外します

履き口の接着跡に革を縫い付けて、スポンジを戻し
革をカカト内側に巻き込むように接着します

最後にアイレット付近をミシンで縫い付けて
完成ですね(^^)


トリプルSのカカト内側破れの修理、1

トリプルSのカカト内側破れの修理、2

トリプルSのカカト内側破れの修理、3

トリプルSのカカト内側破れの修理、4

トリプルSのカカト内側破れの修理、5


これで布地→本革になり、耐久性もUPしています

これでまだまだ履けますね(^^)

今回の修理金額は両足で15400円です
状態によって料金は前後します





バレンシアガ(BALENCIAGA)の
スニーカーソール補強です


コンバース系のソールですが
さすがにこちらのほうがシッカリしています(^^)




ソール接地面を薄く削り淵の白いラバーを残して
茶色い部分に沿ってゴムを貼ります

ビブラム342ソールにカカトをミシュランヒールで強化しています


バレンシアガのスニーカーソール補強、1

バレンシアガのスニーカーソール補強、2

バレンシアガのスニーカーソール補強、3

バレンシアガのスニーカーソール補強、4


シャークソールのアメ色はたま〜に入ってくる別注品です

在庫にないことも多いのでご希望の方はお早めに(^^)

今回の修理金額は
シャークソールが11000円、ミシュランが3300円で
合計で14300円です
状態によって料金は前後します





バレンシアガ(BALENCIAGA)トラックの
カカト内側の破れ修理です


部分的な修理ではなく
カカト内側全体を革でカバーします(^^)




履き口のステッチを解いて分解し

淵に革を縫い付けて
内側に巻き込むように接着しています


バレンシアガのトラックのカカト内側破れ修理、1

バレンシアガのトラックのカカト内側破れ修理、2

バレンシアガのトラックのカカト内側破れ修理、3

バレンシアガのトラックのカカト内側破れ修理、4


内部スポンジは無事でしたので
そのまま再利用しています(^^)

他のブランドと違いバレンシアガは
この修理にかなりの手間がかかります

なかなかタイヘンでした(^^)

今回の修理金額は両足で22000円です
状態によって料金は前後します





バレンシアガ(BALENCIAGA)のサンダルの
ソール補強修理です


サンダルも履けば底が減りますので
長く履くなら補強ですね(^^)




接地面を薄く削り、淵から少し内側のラインで
全体にゴムを貼っていきます

今回は6ミリ厚のクレープゴムを使いました


バレンシアガのサンダル補強修理、1

バレンシアガのサンダル補強修理、2

バレンシアガのサンダル補強修理、3


サンダルは足をホールドする部分が少ないので

カカト強化をすると、カカトだけ重くなって
バランスが悪くなってしまいます

耐久性の問題はあるにしても
同じゴムで一面貼るのがオススメです(^^)

今回の修理金額は両足で7700円です
状態によって料金は前後します




バレンシアガ(BALENCIAGA)スピードトレーナー
のカカトのホツレ修理です


内側から縫っている部分なので同じようにはできませんが
できるだけ近い感じで縫い付けます(^^)

バレンシアガのホツレ修理、1

バレンシアガのホツレ修理、2

バレンシアガのホツレ修理、3


針と糸、手縫いでコツコツ縫っていきます(^^)

どうしても粗い仕上がりになってしまいますが
黒なので目立ちにくいのが救いですね


バレンシアガのホツレ修理、4

バレンシアガのホツレ修理、5

バレンシアガのホツレ修理、6


いかがでしょうか?

縫った部分だけ糸の量が増えたぶん固くなり
窪みが大きくなっています

とはいえ、そこまで見る人もあまり居ないと思いますし
履けばご自身からは死角になります

気にせずいきましょう(^^)

今回の修理金額は片足で2200円です
状態によって料金は前後します




バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のソール補強修理です


カカトがちょーーーーーっと減りすぎていますね〜〜(^^)

以前はスポンジなどを足したりしていたのですが
今はこのままゴムを貼ります










減りすぎた部分は、もう少し削って均します

他の部分もフラットに削りながら
減りすぎている箇所はなだらかにしていきます

その上で前3枚に6ミリクレープゴムのアメ色を
カカト3枚にはミシュランヒールのベージュを貼っています


トリプルSのソール補強修理、1

トリプルSのソール補強修理、2

トリプルSのソール補強修理、3

トリプルSのソール補強修理、4


ゴムを曲げて貼っているので、若干イビツですが(^^)
スポンジを足すよりもキレイに仕上がっています

あとは、これ以上減らさないように
早め早めに貼り替えていきましょう♪

今回の修理金額は両足で19800円です
状態によって料金は前後します



バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のホツレのミシンステッチ修理です


靴紐を通すループが根元からホツレて抜けています

やはりソールが曲がらないぶん負担がかかるんですね〜
今回は抜けただけなのでサクッと縫い直します(^^)

トリプルSのミシンステッチホツレの縫直し修理です、1

元々縫い付けていたステッチを2本、部分的にほどいて
元のように入れ込んで縫い直しています

強度を出すために、元よりも若干短めにして
ステッチ2本とも踏んで縫うようにしています

トリプルSのミシンステッチホツレの縫直し修理です、2

トリプルSのミシンステッチホツレの縫直し修理です、3

ホツレはループの先1ミリぐらいでしたので
おそらく元々きちんと縫われてなかったのでしょう

まあ、工業製品アルアルですね(^^)

キチンと縫い付けましたが、どうしても負担がかかる部分なので
走ったりとかは、しないほうがいいと思います♪

今回の修理代金は1箇所で2200円です
状態によって料金は前後します






もっと見る→





当サイトは基本的にリンクフリーですが当サイトをご紹介いただく為でない場合は画像、文章、その他一切の無断転用を禁止させていただきます
ブログ等で当サイトを宣伝していただくのは大歓迎です(^^)




2024.