スニーカーを長持ちさせる
方法を専門家が解説


〜実は意外と知られていませんが
「仕舞いっぱなし」にするのが一番良くないんです〜



お気に入りのスニーカーを長くキレイに履きたいのは
スニーカー愛好家なら誰もが考えることですよね

そんな時に気をつけるべきポイントを
プロの視点で解説していきます




●定期的に履いてください



まず何より「履くこと」が大事です

スニーカーは「履き物」ですので
履かずに置いておくとダメになってしまいます

代表的なのが

○ボンド劣化によるソールの剥がれ
○ウレタンソールの加水分解
○合成素材のひび割れ


などですね

保管している靴は空気中の水分を吸ってしまい
それが素材の「加水分解」を起こしてしまいます

接着剤が加水分解すれば剥がれてしまい
ウレタンなら砂のように崩れます

ゴムソールや塩化ビニールのビビ割れも

「長い間動かさないことで硬化している」

のが原因なんです

そうならないように

定期的に履いてあげて、曲げたり負荷をかけたりして
吸い込んだ水分を吐き出させるのが大事です

    スニーカーの脱ぎ履きのやり方の解説イラスト 



●じゃあ、どれぐらい履けばいいの?



できるだけ履くほうがいいのですが
かといって毎日履けばいいわけではありません

スニーカーには汗が染み込みますので

履く頻度が高い場合は

一日履いたら2〜3日は陰干しして
絶対に毎日履かないようにしてください

毎日履くと染み込んだ汗が乾く間がなく
靴が常に湿った状態になります

そうして雑菌が繁殖してしまうと
なんともいえない不快なニオイが発生し

こうなると防臭スプレーでもニオイが取れません

そうならないように
しっかり乾かしてあげるのがポイントです


  スニーカーのニオイ対策の解説イラスト


逆に頻度が低い場合は

「半年〜1年に一度の使用」などは
保管しておく期間が長すぎますので

最低でも「月に一度」は履くように
心がけるのがいいと思います

休日しかスニーカーを履く機会がなくても
月イチぐらいなら、なんとかなりそうです


逆に言うと

月に一度履けないほどのスニーカーを所有してしまうと
メンテナンスが非常に大変になります



その場合

靴内部に乾燥剤を入れて真空パックにして保管など
相応の手間がかかります

そういった手間が面倒な方は
ある程度の足数を回して履くのがオススメです

そうすれば、自ずと必要の足数も見えてきますね

特別「スニーカーマニア!」でなければ
スニーカーは5足も所有すれば充分だと思います



  スニーカーの履き方の解説イラスト



●修理よりも予防が大事です



次に大事なのは「予防」です

壊れてから修理をするよりも
壊れないように履くのが究極の「修理」だと考えます

そのためには

○防水スプレーをかける
○ソールにゴムを貼る
○定期的にお手入れをする


のが大切!


○防水スプレーをかける


白を基調としたカラーリングも多いスニーカーは
汚れてしまうとなかなかキレイにできませんので

あらかじめ「汚れないように」ガードしましょう

市販の防水プレーをかけるだけでも効果がありますし

中にはワインやケチャップをかけても大丈夫な
超強力な製品も販売されています


     スニーカーの防水スプレー使用の解説イラスト 


○ソールにゴムを貼る


これは当店でも頻繁に実施している
「ソール補強」ですね

スニーカーのソールは貼り替えできないものも多く
すり減ってからでは修理跡が目立ってしまいます

新品のうちに底全面にゴムを貼っておき
それを貼り替えながら履くのがオススメです

詳しくはこちら↓
   スニーカーソール補強の解説イラスト


○定期的にお手入れをする


それでも汚れてしまった場合は
「なるべく早く汚れを落とす」のが大切です

汚れは放っておくと定着してしまい
市販品では落ちなくなってしまいます

あらかじめクリーナーを購入しておき
こまめに汚れを落とすのが大事です

こちらに詳しく書いておきました↓(外部サイトです)
   クリーム、クリーナーの使用方法の解説イラスト、1


レザースニーカーならクリームを塗って
しっかり保革することも大切です

天然素材の本革は油分が抜けてしまうので
定期的な油分補給が必須!

そのあたりも書いてあります↓(上記とは別ページです)
   クリーム、クリーナーの使用方法の解説イラスト、2


それでも、どうしても汚れてしまった場合には
クリーニングに出すのも一案です

最近では安価でスニーカークリーニングを
実施しているお店も増えていますので

一度お試しになってはいかがでしょうか



●履き方も非常に大事!



最後に大切なのは「履き方」です

スニーカーの靴紐を締めっぱなしで
脱ぎ履きしている方も多いと思いますが

脱ぎ履きの「楽さ」を得ようとすると
スニーカーの「寿命」を著しく縮めてしまいます

甲がゆるいので歩く度に足がゴソゴソ動いてしまい

・カカト内側が破れてしまう
・指の付け根あたりが裂けてくる


といった事が起こります

もちろん修理は可能なのですが

壊れてから修理費をかけるよりも
壊れないように予防するほうが合理的です

慣れてしまえば

靴紐を締め直して履くのは
1〜2分あれば済んでしまいます

そのあと数時間にわたりスニーカーを履くことを考えれば
この「数分」を大事にするのが得策です


    スニーカーの靴紐の締め方の解説画像



●お気に入りを長くキレイに履こう!



いかがでしたか?

上記のようなポイントに気をつけながら

大好きなフェイバリットスニーカーを
長年に渡って楽しんでいただけると幸いです


それでも起こってしまったトラブルには
プロの手を借りるのが一番!

「くつ修理なかじま」ではとくに

・スニーカーのソール補強
・カカト内側、メッシュの破れ修理


を頻繁に実施しています

プロの技術でキレイに直しますので
ぜひ一度ご相談くださいませ



メールで→Mail      LINEで→

すぐにはムリでも必ずお返事いたします!







当サイトは基本的にリンクフリーですが

当サイトをご紹介いただく為でない場合は
画像、文章、その他一切の無断転用を禁止させていただきます

ブログ等で当サイトを宣伝していただくのは大歓迎です(^^)