ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)
の修理をプロが解説します


15年以上の修理実績と技術で
ヴィトンのスニーカーをプロが直します!   


元々は旅行用トランクを販売していたブランド
「ルイ・ヴィトン」

定番デザインのモノグラムは
世界で最もポピュラーな柄といっても
過言ではありません

そのスニーカーも高品質ですが
ソールは樹脂製も多く消耗品になりがちです

意外と知られていませんが

そういったソールを長く楽しむには
実はソールにゴムを貼るのがオススメです

シャークソール、スカルソール、クレープソール
などに加え

他店ではあまり実施していない
「カカト強化」にも対応しています

そうやって接地面を補強してあげれば
底を傷めずに長くキレイに履くことが可能です


とりあえず聞きたいことがある!」という方は↓
メール→Mail     LINE→


具体的なサンローラン修理の実例の画像や
修理方法の詳しい解説は下記をご覧ください↓





2021.8.25

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のスニーカーの
オールソール交換修理です


経年劣化で崩れてしまった樹脂のソールを
革やスポンジでイチから作り直します(^^)








今回は中底のないタイプのスニーカーですが
見えない底の部分が完全に袋状になっている
珍しいタイプでした

ただ、アッパーが革とスエードのコンビで柔らかいため
なんとか修理をすることが出来ました(^^)

アッパー側面の接着跡に革を貼って縫い付け
底にスポンジを貼って、こちらも底縫いをかけます

そのままだとバランスがフラットすぎますので
カカトにもう1枚スポンジを足して高さを出して

接地面に6ミリクレープゴムを貼って仕上げました


ヴィトンのスニーカーのオールソール交換、1

ヴィトンのスニーカーのオールソール交換、2

ヴィトンのスニーカーのオールソール交換、3

ヴィトンのスニーカーのオールソール交換、4


これで新たなスニーカーとして
生まれ変わりましたね(^^)

メンテナンスしやすい構造にしてますので
長く履いていけますよ〜


今回の修理金額は両足で30800円です
状態によって料金は前後します




2021.8.22

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)
のスニーカーソール修理です


ブラウン&ホワイトのモノグラムデザインの
「これぞヴィトン!」というカラーリングです(^^)




少し履いていますが
カカトはさほど減っていませんので

このまま問題なくゴムが貼れます

接地面を薄く削り
淵からほんの少し内側でラインをとって

全体に4ミリ厚のクレープゴムを貼りました


ヴィトンスニーカーソール補強修理、1

ヴィトンスニーカーソール補強修理、2

ヴィトンスニーカーソール補強修理、3


これでソール自体の傷みを予防できますね


今回の修理金額は両足で5500円です
状態によって料金は前後します




2021.8.9

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の厚底サンダルの
ソール貼替え修理です


樹脂製のソールが劣化して欠けていましたので
ゴムで作り直しをします






樹脂が劣化するほど年数が経っていると
ボンドも劣化していて剥がすのも簡単でした(^^)

元は飴色のソールでしたが
アッパーーのベルトに合わせてこげ茶のソールを貼っています


ヴィトンの厚底サンダルのソール交換、1

ヴィトンの厚底サンダルのソール交換、2

ヴィトンの厚底サンダルのソール交換、3


元々のようにヒトツナギのソールではなく
カカトゴムをセパレートにしていますので

今後のメンテナンスも簡単です(^^)

カカトを貼り替えながら履いていただき
ソールの滑り止め模様がなくなってきたら

ハーフソールで補強をしましょう♪


今回の修理金額は両足で5500円です
状態によって料金は前後します




2021.7.31

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のスニーカーの
ソールにゴムを貼ってすり減りから保護します


3色切り返しカラーリングのアッパーには
それぞれにモノグラムがデザインされていますね

ソールはカカトがほんの少し減っていましたが
全く問題ありません(^^)








接地面を薄く削って
淵から少し内側でラインを取りゴムを貼ります

今回はビブラムスカルソールですね

ドクロ模様が楽しいオシャレソールです(^^)


ヴィトンのソールをスカルで保護、1

ヴィトンのソールをスカルで保護、2

ヴィトンのソールをスカルで保護、3


これで地面に当たる部分をカバーできましたので
安心してガンガン履いていけますね

カカトが減ってきた際には
同じスカルで部分貼替えも出来ますし

もっと強く厚いゴムにすることも可能です(^^)

今回の修理金額は両足で6600円です
状態によって料金は前後します




2021.7.31

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のサンダルの
ソールを新しいうちに保護します


ラダー型のソールをギザギザのシャークソールに
加工するようなイメージですね(^^)








今回はご希望でソールの淵までゴムを貼っています

接地面の凹凸をフラットに削り落としてから
淵に沿ってビブラム342ソールを貼り付けました

こうやって淵に沿ってゴムを貼ると
ソールにボリュームを出すことができるんですね(^^)


ヴィトンのサンダルのソール修理、1

ヴィトンのサンダルのソール修理、2

ヴィトンのサンダルのソール修理、3


ソールのエッジが鋭くなって
シャープな印象になりましたね(^^)

スポンジ系のソールの接地面がゴムになり
滑り止め効果も抜群ですよ

今回の修理金額は両足で9900円です
状態によって料金は前後します




2021.7.19

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のスニーカーの
ソール接地面を保護します


まだほとんどすり減っていないソールに
ゴムを貼ってこれ以上減らないように予防加工します








接地面を薄く削り
淵から少し内側のラインでゴムを貼っていきます

今回はビブラムスカルソールを
全面に貼っています


ヴィトンのスニーカーソール修理、1

ヴィトンのスニーカーソール修理、2

ヴィトンのスニーカーソール修理、3


補強ゴムは履いていくうちにすり減りますが
その度に全面貼りかえる必要はなく

「減った部分」だけの貼替えが可能です

その際に同じゴムを使ってもいいですし
別のゴムでさらに耐久性をアップさせることも可能です

今回の修理金額は両足で6600円です
状態によって料金は前後します




2021.7.6

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の厚底サンダルの
ソールを新品のうちに補強します


こういった側面がジュート巻のサンダルは
最初にゴムを貼っておくのがおすすめです

でないと、すり減ってから修理すると
側面が毛羽立ってしまったりします・・(^^)








ヒールの高さがほどんどない、ほぼフラットソールなので
それに近い感じで接地面を補強します

今回は4ミリ厚のクレープゴムに
カカトにビブラムのゴムを貼っています


ヴィトンのサンダル修理なら「なかじま」におまかせ、1

ヴィトンのサンダル修理なら「なかじま」におまかせ、2

ヴィトンのサンダル修理なら「なかじま」におまかせ、3


ソールとヒールの段差が2ミリなので
元のバランスと大体同じ感じに仕上がっています

あとはカカトを貼り替えながら履いていただき
つま先が減ったら、そちらも部分的に貼り替えます

全体の貼替えはかなり先になると思いますよ(^^)

今回の修理金額は両足で6490円です
状態によって料金は前後します




2021.7.3

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のスニーカーの
ソール補強修理、3足口です


レディスサイズとメンズサイズの混合です(^^)
それぞれ底を補強しますよ〜〜



ヴィトンのスニーカーのソール修理、1


それぞれ接地面を薄く削って
淵から少し内側のラインでゴムを貼っていきます




ヴィトンのスニーカーのソール修理、2


どれも同じ仕様で

4ミリ厚のクレープゴムに
カカトをミシュランヒールで強化しています




ヴィトンのスニーカーのソール修理、3


ヴィトンのソールは樹脂製で
そのままではボンドがつかないので

薬品を塗って表面を作っていますよ〜(^^)




ヴィトンのスニーカーのソール修理、4


今回の修理金額はそれぞれ両足で7150円です
状態によって料金は前後します




2021.6.18

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のソール補強、2足口です


青いローファータイプはカカトに段差がありますので
少し削ってなだらかにしてからゴムを貼ります




ヴィトンのローファーのソール補強、1

ヴィトンのローファーのソール補強、2


段差をなだらかにして、全体を薄く削って
淵から少し内側のラインでゴムを貼っています

4ミリ厚クレープゴム+ミシュランヒールの仕様です


もう一足はギザギザですね〜〜〜

ちょっともったいない気もしますが(^^)
フラットに削ってからゴムを貼ります





ビトンのスニーカーの底貼り、1

ビトンのスニーカーの底貼り、2


こちらも同じゴムの組み合わせです(^^)

これで2足ともガンガン履けますね♪


今回の修理金額はそれぞれ両足で8250円です
状態によって料金は前後します




2021.6.12

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のソール補強です


ピッカピカの新品でご依頼いただきました(^^)

身の引き締まる思いです






ソール前面を薄く削って、1ミリ厚のハーフソールを貼り
側面を薄く削ってからインクを塗って仕上げています


ルイ・ヴィトンのパンプスのソール補強修理、1

ルイ・ヴィトンのパンプスのソール補強修理、2


レザーソールですがつま先部分の樹脂部分には
薬品を塗って接着力を高めていますよ(^^)


今回の修理金額は両足で2200円です
状態によって料金は前後します



2021.5.2

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)
のスニーカーのソール補強、2足口です


どちらもほぼ新品ですね(^^)

早めにご依頼いただけると
作業もしやすくて助かります



ヴィトンのスニーカーのソール補強修理、1


どちらもソールの凹凸がまあまあ大きめですので
接地面を削ってフラットにします

その上で淵から少し内側のラインで
全体にゴムを貼りました


4ミリ厚クレープゴム+ミシュランヒールですね




ヴィトンのスニーカーのソール補強修理、2


白い靴なので白いゴムを貼ってもいいのですが

白いゴムはカカトを強化できませんので
貼替えなどのメンテナンスがまあまあ頻繁になります

どうしても!というこだわりがあれば別ですが
当店としては黒いゴムがオススメです(^^)

今回の修理金額はそれぞれ両足で8250円です
状態によって料金は前後します




2021.4.6

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のスニーカーの
つま先とカカトの貼替え修理です


補強ゴムのメンテナンスですね
今回はさらに耐久性の高いゴムで貼り替えます(^^)


全体に貼っている4ミリ厚クレープゴムの
つま先を部分的にカットします



ヴィトンのつま先貼替え修理


その上でミシュランヒールで貼り替えています

クレープよりミシュランのほうが耐久性はかなり上ですし
厚みも4ミリ→6ミリになっていますので

かーなーり、強くなっています(^^)


カカトは貼ってあったミシュランを剥がして
タフZで貼り替えます




ヴィトンのカカト貼替え修理


ミシュランとタフZの耐久性の差は
現在検証中なのですが

1.5倍以上は違いがあるようです(^^)

今回の修理金額はつま先が2200円、カカトが2750円です
状態によって料金は前後します




2021.3.2

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の
スニーカーのソール補強修理です


ほんの少し履いていらっしゃいますが
ほとんどすり減っていない、ほぼ新品です(^^)

この時点でゴムを貼ると、キレイに仕上がりますよーー








接地部分を薄く削って、淵から少し内側のラインで
全体に4ミリ厚のクレープゴムを貼っています


ルイビトンのソール補強修理、1

ルイビトンのソール補強修理、2

ルイビトンのソール補強修理、3


よく「薄く削って・・」と書いていますが
これは、薄紙1枚ぐらい”〜1ミリ程度”削ることが多いです

それぐらい削れば汚れや油分は除去できて
キレイな接着面を作れるんですね〜

モノによってはもう少し削る場合もありますが
いずれにせよ、履き心地には影響しない程度です(^^)

今回の修理金額は両足で5500円です
状態によって料金は前後します




2021..2.6

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の
サンダルの底の補強です


ソールがはがせるようになっていますので
すり減ってから貼替えもできるのですが・・

アッパーはスポンジなどに薄い革を巻いている構造なので
ソール貼替えの際に革が傷んでしまいがちです(^^)

ってことで、ホキョーです

ヴィトンのサンダルのソール補強、1

ヴィトンのサンダルのソール補強、2


接地面を薄く削って、淵から少し内側のラインで
全体に4ミリ厚のクレープゴムを貼っています


ヴィトンのサンダルのソール補強、3

ヴィトンのサンダルのソール補強、4


サンダルは足をホールドする部分が少ないので
「できるだけ重くしない」のがポイントです

そもそも長い距離を歩くための履物でもないので
この厚みのゴムでも充分かと思います(^^)

カカトが減った際には

・同じゴムで部分貼替えをするのか?
・多少重くなってもカカトを強化するのか?

迷うところですね♪

今回の修理金額は両足で5500円です
状態によって料金は前後します




2021..2.2

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)
のハイカットスニーカーのソール補強です


もう何度目のご依頼でしょうか(^^)
いつもご贔屓いただいています常連様の修理です

ヴイトンの修理なら大阪のなかじま、1

ヴイトンの修理なら大阪のなかじま、2

ヴイトンの修理なら大阪のなかじま、3


ソール接地面を薄く削って、淵から少し内側のラインで
全体にゴムを貼っています

今回はソール側面の色に合わせて
白クレープゴムの6ミリ厚です


ヴイトンの修理なら大阪のなかじま、4

ヴイトンの修理なら大阪のなかじま、5

ヴイトンの修理なら大阪のなかじま、6


白いゴムは「同じ白でカカト強化ができない」
という弱点がありますが

それさえ気にしなければ
やはり白いソールによく合います(^^)

何を得て、何を捨てるのか・・
取捨選択ですね♪

今回の修理金額は両足で5500円です
状態によって料金は前後します




2020.12.8

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の
スニーカーのソールを大きくすり減る前に補強します


少し履いてカカトが減っていますが
早いうちに処置をすればキレイに仕上がります(^^)

ヴィトン修理ならナカジマにおまかせ、1

ヴィトン修理ならナカジマにおまかせ、2

ヴィトン修理ならナカジマにおまかせ、3


ソールを薄く削って、淵から少し内側のラインで
全体に4ミリ厚のクレープゴムを貼っています

白いソールに白いゴムは、すごく自然ですね♪


ヴィトン修理ならナカジマにおまかせ、4

ヴィトン修理ならナカジマにおまかせ、5

ヴィトン修理ならナカジマにおまかせ、6


クレープゴムは4ミリ厚6ミリ厚がありますが
「貼ってる感」を出したくなければ4ミリがオススメです

上斜めから見るとほとんどゴムが見えないので
気づかない人も多いと思いますよ(^^)

今回の修理金額は両足で5500円です
状態によって料金は前後します




2020.10.14

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のスニーカーの
ソールを新しいうちに補強します


ヴィトンにしては珍しくスポンジソールですね〜
削ると溶ける素材よりも、接着性がよく助かります(^^)


ヴィトンのスニーカーのソール補強、1

ヴィトンのスニーカーのソール補強、2


接地面の凹凸をフラットに削り落として
淵から少し内側のラインでゴムを貼っています

4ミリ厚クレープゴム+ミシュランヒールの組み合わせです


ヴィトンのスニーカーのソール補強、3

ヴィトンのスニーカーのソール補強、4


アッパーが黒なので、白いソールに黒いゴムを貼っても
自然に仕上がっていますね(^^)

ゴムは減った箇所だけ部分貼替えが出来ますので
早め早めの貼替えで、お願いします〜〜〜

今回の修理金額は両足で8250円です
状態によって料金は前後します




2020.10.12

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のスニーカーの
ソールを新しいうちに補強します


サイドの市松模様が
前に向かって消えそうに薄くなっていますね

さすがハイブランド
芸が細かい!(^^)

市松模様のLOUIS VUITTONの修理、1

市松模様のLOUIS VUITTONの修理、2


ソール接地面を薄く削って、淵から少し内側のラインで
全体にゴムを貼っています

今回はクレープゴムの6ミリ厚を使いました


市松模様のLOUIS VUITTONの修理、3

市松模様のLOUIS VUITTONの修理、4


あとは履いていくうちに
カカトやつま先が減ってくるので

減った箇所を部分貼替えして
履いていきましょう(^^)

今回の修理金額は両足で5500円です
状態によって料金は前後します




2020.8.9

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)のスニーカーのソールを
新品のうちに補強します

靴を購入されて、その足で持ち込んでいただいたそうです
ご贔屓いただきありがとうございます(^^)

ルイヴィトンのスニーカー修理、1

ルイヴィトンのスニーカー修理、2


ソール接地面の凹凸をフラットに削り落として
淵から少し内側のラインで、全体にゴムを貼っています

今回は全体に6ミリ厚のクレープゴムを貼りました


ルイヴィトンのスニーカー修理、3

ルイヴィトンのスニーカー修理、4


こういったソールにボリュームのあるスニーカーのトレンドも
かなり長く続いていますね〜〜〜

底が厚くなると曲がりにくくなり
疲れやすかったり、壊れやすかったりしますので

できるだけソールの「返り」のいい靴を選んでください(^^)

今回の修理金額は両足で6600円です
状態によって料金は前後します




2020.8.7

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)の
スニーカーのソール補強です


そのまま履いてすり減ってしまう前に
新しいうちに底にゴムを1枚貼ります(^^)

ヴィトンのスニーカー修理ならお任せください、1

ヴィトンのスニーカー修理ならお任せください、2


ソールの凹凸をフラットに削り落として
淵から少し内側のラインで、全体にゴムを貼っています

今回は前に4ミリ厚のクレープゴム+カカトにミシュランヒールです


ヴィトンのスニーカー修理ならお任せください、3

ヴィトンのスニーカー修理ならお任せください、4


こういったカカトが反り上がっているタイプは
カカトゴムを曲げて貼り付けますので

固いタフZよりも
ある程度弾力のあるミシュランのほうが向いています(^^)

今回の修理金額は両足で8250円です
状態によって料金は前後します




2020.7.26

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の
ハイカットスニーカーのソール補強修理です


すぐ下の事例の、カカト内側を修理した靴ですね(^^)

永く履きたい、ということでソールも補強します

ルイヴィトンのスニーカー修理、ソール補強です、1

ルイヴィトンのスニーカー修理、ソール補強です、2


ソール接地面を薄く削って、淵から少し内側のラインで
全体に6ミリのクレープゴムを貼っています


ルイヴィトンのスニーカー修理、ソール補強です、3

ルイヴィトンのスニーカー修理、ソール補強です、4


ヴィトンのスニーカーのソールは、だいたいが樹脂製で
そのままではボンドが定着しません

なので、削ったあと薬品を塗って乾燥させ
接着面を作る必要があるんですね〜〜

高級スニーカーほど樹脂製のソールを使う不思議(^^)ナゼ゙ナンデショー

今回の修理金額は両足で5500円です
状態によって料金は前後します




ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の
スニーカーのカカト内側修理です


カカト内側の革の破れですね〜〜
サクッと別の革で修理するのですが・・・

ヴィトンのカカト内側の革破れ修理です、1


相変わらずヴィトンのスニーカーは
この部分の手間がスゴイ!(^^)

履き口のステッチを解くのですが
あまりにそのピッチが細かすぎます

普通は2ミリぐらいのピッチが、ヴィトンは「1ミリ以下か!?」
と思うほどピッチが細かいです

おかげさまで超手間をかけさせて
いただいております(^^)チキショー


ヴィトンのカカト内側の革破れ修理です、2

ヴィトンのカカト内側の革破れ修理です、3


そこさえクリアすればリズムに乗れるので
ステッチを解く際は機械になったつもりで

タンタントサギョウシマス

ちなみに、新たに革を縫い付ける際は
もっとピッチ幅を大きくしています

革に細かく穴をあけると
「切り取り線」になりかねませんからねー(^^)

今回の修理金額は両足で8800円です
状態によって料金は前後します




ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のスニーカーの
オールソールを丸ごと作り直しています


ソールが剥がれて、アッパーの指の付け根あたりがパンクしていましたので
オールソールの作り直しなのですが・・

ルイビトンのオールソールとパンク修理、1

ルイビトンのオールソールとパンク修理、2

ルイビトンのオールソールとパンク修理、3

ルイビトンのオールソールとパンク修理、4


パンクの原因が「のり代の少なさ」でしたので

10ミリにも満たないのり代に革を縫い付けて
接着面積を増やしてからソールを作っています

ソールは10ミリのスポンジの前の方を半分ぐらいに削って
相対的にカカトに高さを出してから、底縫いをかけています

接地面は4ミリ厚のクレープゴムです(^^)


ルイビトンのオールソールとパンク修理、5

ルイビトンのオールソールとパンク修理、6

ルイビトンのオールソールとパンク修理、7

ルイビトンのオールソールとパンク修理、8


アッパーの接着のための「のり代」を増やすことで
その「のり代」ごと底縫いのステッチで縫い付ける形になっています

これでパンクすることはありません(^^)

※ゆるく履くと裂ける恐れアリ、ご注意を!


今回の修理金額は両足で17600円です
状態によって料金は前後します




ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)の
ハイカットスニーカーのカカト内側の破れ修理です


ヴィトンのスニーカーのカカト内側修理は
実は他のメーカーよりもかなり大変です(^^)

縫い目のピッチが異常に細かったり
内部を開けるとベッタベタだったり・・

今回はベタベタパターンでした(^^)

ルイヴィトンのスニーカーのカカト内側の破れ修理です、1


カカトのグレーの革を一部剥がして
黒い革で貼り替えるような形で修理しています

内部のボンドでしょうか

ベタベタして作業がかなり大変でしたが
・・・頑張りました(^^)


ルイヴィトンのスニーカーのカカト内側の破れ修理です、2

ルイヴィトンのスニーカーのカカト内側の破れ修理です、3

ルイヴィトンのスニーカーのカカト内側の破れ修理です、4


内部のスポンジは少し加工が必要でしたが
元通り再利用できています♪

なので、履き心地も変化も限定的・・・
なハズ!!

今回の修理金額は両足で11000円です
状態によって料金は前後します








もっと見る→







当サイトは基本的にリンクフリーですが

当サイトをご紹介いただく為でない場合は
画像、文章、その他一切の無断転用を禁止させていただきます

ブログ等で当サイトを宣伝していただくのは大歓迎です(^^)



2021..