インターネット宅配受付の
スニーカー、靴修理例


〜LINE、メールでお問い合わせください〜


メール→Mail    LINE→

すぐにはムリでも必ずお返事いたします





2022.2022.10.4

コンバース(CONVERSE)のソール補強です

オールスターなどど違い

カップ状のソールをはめ込んで
側面をオパンケ縫いしているタイプですね(^^)




ソール接地面を薄く削り
淵から少し内側のラインでゴムを貼っていきます

6ミリ厚のクレープゴムに
カカトをミシュランヒールで強化しています


CONVERSEソールにゴムを貼って長持ちさせます、1

CONVERSEソールにゴムを貼って長持ちさせます、2

CONVERSEソールにゴムを貼って長持ちさせます、3

CONVERSEソールにゴムを貼って長持ちさせます、4


これで安心して履けますね(^^)

このタイプもそのまま履くと消耗品になりがちなので
補強すると長持ちしますよ♪


今回の修理金額は
クレープが6600円、ミシュランが2200円で
合計8800円です
状態によって料金は前後します



2022.10.4

リックオウエンス(Rick Owens)のソール補強
3足口です

カーゴバスケットやスニーカーズですね(^^)
それぞれ補強しますよ〜〜








どちらも同じ作業になります

接地面のギザギザ「のみ」を平らに削り
同じラインでゴムを貼ります

どちらもビブラム342ソール(通称シャークソール)
を全体に貼っています


リックオウエンスのソールにシャークソールを貼って補強、1

リックオウエンスのソールにシャークソールを貼って補強、2


リックオウエンスのソールにシャークソールを貼って補強、3

リックオウエンスのソールにシャークソールを貼って補強、4


リックオウエンスのソールにシャークソールを貼って補強、5

リックオウエンスのソールにシャークソールを貼って補強、6


これで安心して履けますね(^^)

カカトにつけてあった補修材は
剥がしてからゴムを貼っています♪

今回の修理金額はそれぞれ両足で8800円です
状態によって料金は前後します




2022.10.3

KEENのスニーカーのカカト修理です









斜めにすり減ったカカトに
ゴム傾斜板を貼って高さを戻しています(^^)

今回の修理金額は両足で2200円です
状態によって料金は前後します




2022.10.3

リックオウエンス(Rick Owens)の
ヴィンテージスニークスのソール補強です

ステッチと切り返しデザインが光るモデルですね(^^)




ソール接地面のギザギザを削り落とし
溝の内径に沿ってゴムを貼ります

今回は6ミリ厚のクレープゴムです


Rick Owensnヴィンテージスニークスの底補強、1

Rick Owensnヴィンテージスニークスの底補強、2

Rick Owensnヴィンテージスニークスの底補強、3

Rick Owensnヴィンテージスニークスの底補強、4


はい出来ました(^^)

あとは減った箇所を部分貼替えしながら
履いていきましょう♪

今回の修理金額は両足で6600円です
状態によって料金は前後します




2022.10.3

マルジェラ(Margiela)の足袋パンプスの
ソール補強です

新品のうちに底を補強して長持ちさせます(^^)






ソール前面の接地面を薄く削り
ミシュランの1ミリ厚のハーフソールを貼っています


マルジェラの足袋パンプスのソール補強、1

マルジェラの足袋パンプスのソール補強、2

マルジェラの足袋パンプスのソール補強、3


つま先のセパレート部分も丁寧に処理して
しっかり仕上げてあります(^^)

足袋系はつま先が大きく減ると厄介なので
予防が肝心だと思います♪

今回の修理金額は両足で3300円です
状態によって料金は前後します




2022.10.2

ナイキ(NIKE)のスニーカーのベロの修理です

ベロ上部の合成皮革部分が傷んでいますので
革で貼り替えます(^^)






ベロを靴本体から外す必要はないので
そのままの状態で上部を分解します

剥がした合皮で型を取り
同じぐらいの形に切り出した革に

「X」のようなロゴマークを移植します


NIKEのシュータン上部の修理、1


あとは元通り縫い付けてスポンジを入れ込めば
完成ですね


NIKEのシュータン上部の修理、2

NIKEのシュータン上部の修理、3

NIKEのシュータン上部の修理、4


はい出来ました

裏側のステッチは元よりズレていますが
履けば見えない部分ですので

気にせず履いてください〜♪

今回の修理金額は両足で6600円です
状態によって料金は前後します




2022.10.2

リックオウエンス(Rick Owens)ジオバスケットの
ソール補強修理です

シュータンが短いモデルは懐かしいですね(^^)
たしか2010年頃だったような記憶があります




ソールは現行モデルと同じ構造ですが
素材の成分が多少違う印象ですね(^^)

とは言え作業は同じです

ギザギザを削り落とし、同じラインで
4ミリ厚クレープゴム+タフZを貼っています


Rick Owens、ジオバスケットの底補強、1

Rick Owens、ジオバスケットの底補強、2

Rick Owens、ジオバスケットの底補強、3

Rick Owens、ジオバスケットの底補強、4


記憶が正しいなら10年以上経過していますが
すごく綺麗な状態です(^^)

可愛がって履いてあげてください♪

今回の修理金額は
クレープが6600円、タフZが3300円で
合計9900円です
状態によって料金は前後します




2022.10.2

バレンシアガ トリプルS(TRIPLE S)

の補強ゴムのメンテナンス修理です

以前貼ったゴムがすり減りましたので
「減った箇所」のみ貼り替えます(^^)






つま先のU字とカカト三角部分が減っていますね〜

それぞれを同じゴムで貼り替えて
すっかり元通りです(^^)


トリプルSの補強ゴムのメンテナンス修理、1

トリプルSの補強ゴムのメンテナンス修理、2

トリプルSの補強ゴムのメンテナンス修理、3


他の4ヶ所はそうそう減りませんので
何度目かのメンテで順番に貼り替える感じでしょうか

実は、この4ヶ所を貼り替えた事例は
今のところ一度もありません(^^)


今回の修理金額は
つま先が4400円、カカトが2200円です
状態によって料金は前後します




2022.10.2

バレンシアガ トリプルS(TRIPLE S)

のソール補強、2足口です

今回はどちらもベージュのゴムで補強します(^^)






どちらも同じ作業です

6ヶ所に分かれたソールのそれぞれを少し削り
ゴムを貼っていきます

前3ヶ所には6ミリ厚のクレープゴムを
カカト3ヶ所にはミシュランヒールを使っています












クレープとミシュランとでは色味の違いがあり
それがどうしても解る仕上げになります

気になる方はすべてをクレープゴムにすることも可能ですが
カカトの減りが少し早くなります(^^)

今回の修理金額はそれぞれ両足で16500円です
状態によって料金は前後します




2022.9.30

バレンシアガ トリプルS(TRIPLE S)
の底にゴムを貼り長持ちさせます

6ヶ所に分かれたセパレートタイプのソールに
それぞれゴムを貼ります(^^)






接地面をある程度フラットに削り
外側の淵から少し内側のラインでゴムを貼ります

前3枚は6ミリ厚のクレープゴムを
カカト3枚はミシュランヒールを使っています


トリプルSの底にゴムを貼って補強、1

トリプルSの底にゴムを貼って補強、2

トリプルSの底にゴムを貼って補強、3

トリプルSの底にゴムを貼って補強、4


こうして接地面を補強しておけば
あとは減った箇所だけ貼替えしていけます

カカト三角とつま先はけっこう減りますが
それ以外の4箇所の減りは緩やかです(^^)

今回の修理金額は両足で16500円です
状態によって料金は前後します




2022.9.28

ダンスシューズの底の修理です

1足は以前に貼ったスエードの毛が寝てきたので
貼り替えます

もう1足は新たな貼り付けですね




貼替えは、貼っているスエードを剥がして
同じ革を貼って同じように仕上げます

新たに貼る方は

元々補強なのか丸く革が縫い付けてあるので
その淵に沿ってスエードを貼っています









はい完成です(^^)

今回の修理金額はそれぞれ両足で2200円です
状態によって料金は前後します




2022.9.27

ニューバランス(New Balance)576の
シュータンとカカト内側の修理です

どちらも白い革で修理をします(^^)






ベロは一旦本体から外してバラバラにし
裏側を革で貼り替える際に

内部にスポンジを仕込みます





カカト内側は履き口を分解して革を縫い付けて
それを巻き込むように接着して仕上げていきます





はい完成です(^^)









これでまだまだ履けますね(^^)


今回の修理金額は
シュータンが7700円、カカトが6600円です
状態によって料金は前後します




2022.9.24

コンバース(CONVERSE)チャックテイラーの
ソール補強修理です

今回はスカルソールで補強します(^^)




接地面を薄く削り、淵の白いラバーを残して
茶色い部分に沿ってゴムを貼ります

スカルソール+タフZの仕様ですね


CONVERSE、チャックテイラーの底をスカルソールで補強、1

CONVERSE、チャックテイラーの底をスカルソールで補強、2

CONVERSE、チャックテイラーの底をスカルソールで補強、3

CONVERSE、チャックテイラーの底をスカルソールで補強、4


スカルソールは模様の面白さだけでなく
グリップもかなりいいです♪

タフZはとにかく丈夫です!(^^)

今回の修理金額は
スカルが7700円、タフZが3300円で
合計11000円です
状態によって料金は前後します




2022.9.23

バリー(BALLY)のスニーカーソール補強です

減りすぎたカカトを戻してから
ソール全体を補強します(^^)






まず斜めに減ったカカトにスポンジを足し
側面を削って成形します

その上で、接地面の凹凸を削り落とし
淵から少し内側のラインでゴムを貼ります

6ミリ厚クレープゴムに
カカトをミシュランヒールで強化しています











この「白いゴムとベージュのカカト」
の組み合わせが最近増えています(^^)

いまのトレンドなのかもしれません・・♪

今回の修理金額は
カカトSPが3300円、クレープが6600円
ミシュランが2200円で
合計12100円です
状態によって料金は前後します




2022.9.21

コンバース(CONVERSE)チャックテイラーの
ソール補強です

新品のうちに底にゴムを貼ります(^^)




接地面を薄く削り淵から
少し内側でラインを取りゴムを貼ります

ビブラム342ソール+タフZの仕様ですね


コンバース、チャックテイラーの底をシャークソールで補強、1

コンバース、チャックテイラーの底をシャークソールで補強、2

コンバース、チャックテイラーの底をシャークソールで補強、3

コンバース、チャックテイラーの底をシャークソールで補強、4


こうしてゴムを貼ると実は
ゴムの弾力で疲れにくくなります

「コンバースは疲れる・・」なんて感じる方は
ぜひお試しください(^^)

今回の修理金額は
342ソールが8800円、タフZが3300円で
合計12100円です
状態によって料金は前後します




2022.9.21

ジミーチュウ(JIMMY CHOO)の
ソール補強ゴムのメンテナンスです

以前貼ったクレープゴムの
つま先とカカトが減ってきたので

メンテナンスをします(^^)






どちらも部分的にカットして
新たなゴムで貼り替えていきます

つま先は同じ6ミリ厚クレープゴムで
カカトは耐久性の高いタフZを使っています


ジミーチュウのソール補強ゴムのメンテナンス、1

ジミーチュウのソール補強ゴムのメンテナンス、2

ジミーチュウのソール補強ゴムのメンテナンス、3

ジミーチュウのソール補強ゴムのメンテナンス、4


はい完成です(^^)

クレープとタフZは3倍ほど耐久性が違うので
長持ちしますよ♪

今回の修理金額は
つま先が2200円、カカトが3300円です
状態によって料金は前後します




2022.9.21

GGDB(ゴールデングースデザインブランド)
のスニーカーソール補強、5足口です

一度に大量のご依頼をいただき
ありがとうございます(^^)












それぞれデザインは違いますが
ソールはどれも同じです

接地面を薄く削り、淵から少し内側のラインで
全体にゴムを貼っていきます

6ミリ厚のクレープゴム+タフZの仕様ですね


ゴールデングースデザインブランドのスニーカーソール補強、1

ゴールデングースデザインブランドのスニーカーソール補強、2


ゴールデングースデザインブランドのスニーカーソール補強、3

ゴールデングースデザインブランドのスニーカーソール補強、4


ゴールデングースデザインブランドのスニーカーソール補強、5

ゴールデングースデザインブランドのスニーカーソール補強、6


ゴールデングースデザインブランドのスニーカーソール補強、7

ゴールデングースデザインブランドのスニーカーソール補強、8


ゴールデングースデザインブランドのスニーカーソール補強、9

ゴールデングースデザインブランドのスニーカーソール補強、10


こうしてゴムを貼っておけば
ソールの傷みを気にせずに履いていけます

GGDBのソールも消耗品になりがちですので
おすすめの施工です(^^)

今回の修理金額は
クレープが6600円、タフZが3300円で
それぞれ両足で9900円です
状態によって料金は前後します




2022.9.20

ブーツのアテ革修理です

以前に縫い付けた革がまた破れたので(^^)
同じように貼り替えます






淵を縫い付けたステッチを解いて
まずはスエードを剥がします







同じ形にカットしたスエードを貼り付け
同じように淵を縫い付ければ完成です









今回はさらに厚めのスエードを使っていますので
耐久性も上がっていますよ(^^)

今回の修理金額は片足で4400円です
状態によって料金は前後します




2022.9.19

サンローラン(SaintLaurent)のスニーカーの
ソール補強修理です

なにか補修材のようなものが塗られていますが
すべて削り落としてゴムを貼ります(^^)




接地面を削って付着している溶剤を落とし
薬品を塗って接着面を整えます

淵から少し内側のラインで
ビブラム342ソール+タフZを貼りました


サンローランのソールを補強、1

サンローランのソールを補強、2

サンローランのソールを補強、3

サンローランのソールを補強、4


これでソールが傷みませんね(^^)

シャークソールは厚み割に
ギザギザのおかげでよく曲がりますよ♪

今回の修理金額は
342ソールが8800円、タフZが3300円で
合計12100円です
状態によって料金は前後します




2022.9.19

サンローラン(Saint Laurent)の
スニーカーのオパンケ縫い修理です

ソール側面のステッチがホツレていますので
手縫いで縫い直します(^^)




ホツレた糸をカットして除去し
ハンドステッチャーで縫っていきます


スニーカーのオパンケ縫い、1


つま先の方は難易度が高く
まあまあタイヘンだったりします(^^)


スニーカーのオパンケ縫い、2


はい完成です(^^)







この糸が切れるということは
靴内で足がゴソゴソして摩擦が起きていますので

中敷きなどで調整したほうが
いいかもしれません♪

今回の修理金額は1ヶ所で4400円です
状態によって料金は前後します








※このページは2週間程度ごとに古い修理例を削除していきます






当サイトは基本的にリンクフリーですが

当サイトをご紹介いただく為でない場合は
画像、文章、その他一切の無断転用を禁止させていただきます

ブログ等で当サイトを宣伝していただくのは大歓迎です(^^)








2022.