ブーツ、ファスナーの修理例

〜ヒール、ソール、ファスナー修理、交換など〜





2022.9.20

ブーツのアテ革修理です

以前に縫い付けた革がまた破れたので(^^)
同じように貼り替えます






淵を縫い付けたステッチを解いて
まずはスエードを剥がします







同じ形にカットしたスエードを貼り付け
同じように淵を縫い付ければ完成です









今回はさらに厚めのスエードを使っていますので
耐久性も上がっていますよ(^^)

今回の修理金額は片足で4400円です
状態によって料金は前後します




2022.4.12

ロングブーツの履き口の修理です

このように履き口の内側だけ合皮というブーツが
まあまあ存在しています(^^)




傷んだ合皮を剥がしてしまい
黒革で貼り替えました


ブーツの履き口合皮を革で貼替え修理、1

ブーツの履き口合皮を革で貼替え修理、2

ブーツの履き口合皮を革で貼替え修理、3




他の部分は革なので
これでまだまだ履いていけます(^^)

今回の修理金額は両足で8800円です
状態によって料金は前後します




2021.12.22

レディスハーフブーツの履き口の修理です


合成素材の履き口インナーが崩れていますので
革で貼り替えます(^^)




傷んだ合皮を剥がし
その接着跡が見えないように

ほんの少しだけ大きめにカットした革を
ミシンで縫い付けます


ブーツの履き口の貼替え修理、1

ブーツの履き口の貼替え修理、2

ブーツの履き口の貼替え修理、3


これでバッチリですね(^^)


今回の修理金額は両足で8800円です
状態によって料金は前後します




2021.12.18

ブーツのファスナーの修理です


コイルファスナーは樹脂がバネのようにつながっていますので
ホツレただけなら部分修理が効きます(^^)




ブーツのファスナー手縫い修理、1

ブーツのファスナー手縫い修理、2


はい完成(^^)
手縫いで縫い付けています

レールが破損すると部分修理が効かなくなるので
引っかかるようになったら(なんとか使用できていても)

すぐ修理に出して下さい(^^)

今回の修理金額は1箇所で1320円です
状態によって料金は前後します




2021.12.17

レディスショートブーツのヒールカットです


高すぎて履けない靴は
ヒールをカットカット(^^)




今回は1センチカットして
新たなカカトゴムをっています


高すぎるブーツをヒールカットで低くする、1

高すぎるブーツをヒールカットで低くする、2

高すぎるブーツをヒールカットで低くする、3


こちらの靴のようにソールが硬い靴は
カットした分だけつま先が上がってしまいます

あまりカットすると履けなくなりますので
まずは1センチが無難だと思います(^^)

今回の修理金額は両足で1320円です
状態によって料金は前後します




2021.11.24

UGG(アグ)のムートンブーツのソール補強です


今回は厚型のシャークソールで補強をします(^^)




接地面の凹凸がけっこう大きいので
一旦フラットに削り落として表面を作ります

その上で、今回はご希望で淵に沿って
ビブラムS1559ソールを貼っています


UGGのムートンブーツに厚型シャークソール補強、1

UGGのムートンブーツに厚型シャークソール補強、2

UGGのムートンブーツに厚型シャークソール補強、3

UGGのムートンブーツに厚型シャークソール補強、4


当店では淵から少し内側のラインで
ソールを貼ることが多いのですが

ご希望なら淵まで貼ることも可能です(^^)

ご注文の際にお申し付け下さいませ

今回の修理金額は両足で11000円です
状態によって料金は前後します




2021.11.20

レディスロングブーツのファスナーとカカト修理です


ファスナーはレールがホツレていましたので
手縫いで縫い直しました






わかりにくいですが(^^)向かって右側が前回修理箇所で
左側が今回ホツレた部分です

同じように縫い付けてスムーズに動いています


カカトは以前貼ったゴムが減ってきましたので
新たに貼り替えています










ビブラム5350→ミシュランヒールになりましたので
耐久性が格段にアップしていますよ(^^)


今回の修理金額はファスナーが1320円
カカトが2200円です
状態によって料金は前後します




2021.10.23

レディス ショートブーツのヒールの革巻き替えです


スタックヒールがボロボロに剥がれてしまっています(^^)

同じ革で卷き変えもできるのですが
今回は普通のスムース革で巻き替えます!




ヒールを外して革を剥がし、古いボンドを除去して
まずはヒールをキレイにします

その上でこげ茶の表革で巻き直して仕上げています


ブーツのスタックヒールをスムース革で巻き替え、1

ブーツのスタックヒールをスムース革で巻き替え、2

ブーツのスタックヒールをスムース革で巻き替え、3


スタックヒールは実は内部がプラスチックヒールで
表面にスタック革を巻いています

スタック革とは、

細切りにした床革を並べてシート状にしたもので
革自体が硬いので引っ掛けると飛んでしまうんですね

なので、こだわりがなければ
表革での巻き替えがおすすめです

普通の革なら柔らかいので
めくれてもボンドで貼って色を塗ればごまかせます

そうやってすぐにメンテしていけば
長くキレイに履けますよ(^^)

今回の修理金額は両足で6600円です
状態によって料金は前後します




2021.10.15

レディス デミブーツの
減りすぎたカカトとソールの修理です


カカトが斜めに減りすぎていますので
まずはスポンジを足して高さを戻します






その作業中に気づいたのですが
元々カカトのスポンジミッドソールの高さに左右差があり

右足の方が2ミリ高くなっています

ご相談の結果、両足高さを揃えたいとのことで
右足を多めに削って高さを揃えました

その上でソール全体に4ミリ厚のクレープゴムを貼り
仕上げています


デミブーツのソール貼替え修理、1

デミブーツのソール貼替え修理、2

デミブーツのソール貼替え修理、3

デミブーツのソール貼替え修理、4


高さの違いは初期不良だと思いますが
これで解消しましたね(^^)

快適に履いてくださーい♪


今回の修理金額は両足で8800円です
状態によって料金は前後します




2021.9.29

ブッテロ(BUTTERO)のブーツの底の修理です


いつも同じ修理をご依頼いただいています
常連様です(^^)

いつもありがとうございます




ソールは薄く削り、黒い樹脂部分に薬品を塗ってから
ゴムハーフソールを貼りました

カカトは現状のカカトゴムの上から
ミシュランヒールを貼っています





ブッテロのソールは滑り止めの樹脂の上から
底縫いがかかっています

なので、この樹脂がすり減ると
底縫いの糸を切らないと貼り替えができません

そうなるとソールに残った糸を
1本1本手作業で抜いてから
出し縫いをかけ直して・・

と、かなりの手間と費用がかかりますので
先にゴムソールを貼っておくんですね(^^)


今回の修理金額はソールが2200円
カカトが1650円です
状態によって料金は前後します




2021.9.4

ロングブーツのファスナー後付けです


ファスナーのないブーツは
やはり脱ぎは気がしにくいんでしょう(^^)

筒をカットしてYKKのファスナーを取り付けます








ご相談の結果、筒の内側に、斜めに取り付けることになりました

斜めに真っ直ぐではなく、曲線にすることもできるのですが
カーブにするとレールに負担がかかりやすいので

あまりオススメではありません(^^)

真っ直ぐにするとどこか一部分に負担がかかることもなく
快適に履いていけますよ









外側に取り付ければさらに快適に使えますが
そこはデザインのお好みですね

内側のベロも取り付けていますので
衣服の噛み込みも防げますよ

今回の修理金額は両足で30800円です
状態によって料金は前後します




2021.9.3

ショートブーツのファスナーの修理です


上部のストッパーがないので
抜けてしまったようです




スライダーはそのまま再利用できましたので
入れ直して上部にストッパーを取り付けています

レールの最下部の歯を少し飛ばしてそこから入れ込み
抜けないように下部も金具で留めています


ショートブーツのファスナー修理、1

ショートブーツのファスナー修理、2


これで直りましたね(^^)

この部分はファスナーが立体的に曲がっていますので
無理な力がかかってしまいがちです

左右にもそれぞれファスナーが付いていますので
外側を開けて脱ぎ履きするのがよさそうですね(^^)


今回の修理金額は1ヶ所で1100円です
状態によって料金は前後します




2021.3.15

ショートブーツのファスナーの修理です


レールがホツレてスライダーが抜けていましたので
入れ直してから手縫いで縫い付けますよ〜




入れ直しはまあまあコツが要りますが
慣れればそれほど難しくはありません(^^)

今回はホツレ2箇所を縫い付けています

ホツレはミシンで縫うよりも
手縫いの方が表に縫い目が出ずに長持ちします♪


ブーツのファスナー部分修理、1

ブーツのファスナー部分修理、2


原因ですが

レールがほつれる→少し引っかかるようになる→抜けてしまう

なので

引っかかりを感じた時点で修理に出せば
殆どの場合で元通りに直ります

今回は部分修理で直りましたが
レールが大きく歪んだり欠けていたりすると

上手く作動しないこともあります

修理はお早めに(^^)

今回の修理金額は片足で1760円です
状態によって料金は前後します




2021.2.26

ダナー(Danner)のブーツのカカト修理です


こんなふうに前のほうがあまり減っていなければ
カカトだけ部分的に貼り替えます!






模様を考えながらソールをカットして
似た模様のカカトゴムで貼り替えています


ブーツのカカト貼替え修理、1

ブーツのカカト貼替え修理、2


これでまだまだ履けますね(^^)

こうやってカカトを貼り替えながら履いていただき
ソール全体を上手く使い切ってくださいね〜〜

今回の修理金額は両足で3300円です
状態によって料金は前後します




2021.2.6

アルフレッド・バニスター(alfredoBANNISTER)
のブーツのヒールの修理です

片足のヒールが崩れて飛んでいっていますね〜

ブーツのヒール修理、1

ブーツのヒール修理、2


修理方法はいくつかありますが

革積みヒールにこだわらなければ
ゴムのブロックヒールにするとカンタンです(^^)


ブーツのヒール修理、3

ブーツのヒール修理、4


このように崩れる革積みヒールは
本来の「革」を使っていないのが原因です

革はどうしても端切れのようなあまりが出ますので
それを粉砕して、混ぜものをして、固めたものがあるんです

材料に革を使っているので「革積みヒール」を名乗れますが
合成したものはいずれ崩壊してしまいます

この見分けは修理時でないとわかりませんので
気になるようなら修理した際に聞いてみましょう(^^)

今回の修理金額は両足で3300円です
状態によって料金は前後します




2021.1.29

サンローラン・パリ(Saint Laurent Paris)
のショートブーツのソールとヒールの修理です

ソールの真ん中に穴が空いていますが
その周りの底縫いの糸がほとんど切れていません・・

キレイにすり減らしましたね(^^)

サンローランのブーツの底修理、1

サンローランのブーツの底修理、2


ソールの穴を埋めてから、ハーフソールで仕上げました

カカトも減っていたので
同じような革ハーフリフトで貼り替えています


サンローランのブーツの底修理、3

サンローランのブーツの底修理、4


これでまだまだ履けますね〜〜(^^)

今回の修理金額はソールが3300円、カカトが4400円です
状態によって料金は前後します




2021.1.22

エルメス(Hermes)のブーツのソール補強です

革ソールは高級感があってカッコいいのですが
濡れたタイルなんてツルッツルに滑ってしまいます

ってことで、ゴムを貼りましょー(^^)

Hermesのブーツのゴム貼り、1

Hermesのブーツのゴム貼り、2


ソール前面を薄く削って
ベージュのハーフソールを貼っています


Hermesのブーツのゴム貼り、3

Hermesのブーツのゴム貼り、4


ハーフソールは黒やベージュなどがありますが
明るい色ほど、履いていく中で汚れが目立ちます

予めご了承くださいませ(^^)

今回の修理金額は両足で2200円です
状態によって料金は前後します






ロングブーツのファスナーの修理です

レールを縫い付けているステッチがホツレて浮いていますので
元とはちょっと違う方式で縫い付けます(^^)

ブーツファスナーのレールホツレ修理、1


同じ部分がまたホツレてしまわないように
縫い糸が表に出ないように縫います


ブーツファスナーのレールホツレ修理、2


足首あたりはファスナーが引っかかりやすいので
ムリに引っ張ると糸が解れてしまいます

家を出る際に”座って”ゆっくり上げれば
そうそう壊れることもないと思いますよ(^^)

今回の修理金額は2ヶ所で1760円です
状態によって料金は前後します




2020.10.25

レディスロングブーツのヒールの革の巻き替え修理です

スタックヒールって
こんな風に革が飛んでいきがちですよねー

ここまで傷むとごまかしきれないので(^^)
さくっと巻き替えましょう

ブーツのヒール革の巻きかえ修理、1

ブーツのヒール革の巻きかえ修理、2


同じようにスタック革で巻き替えることも出来るのですが
そうすると、たどる結末も同じです

それだとコスパが悪いと思いますので

今回はこげ茶の表革での巻き替えをご提案しました


ブーツのヒール革の巻きかえ修理、3

ブーツのヒール革の巻きかえ修理、4

ブーツのヒール革の巻きかえ修理、5

ね?
雰囲気もそんなに損なっていませんね

表革は引っ掛けても革が飛んでいくことが少ないので
ボンドで貼って色を塗ればごまかせることが多いです(^^)

そうやってメンテナンスしながら履いていきましょー

今回の修理金額は両足で6600円です
状態によって料金は前後します




2020.10.16

レディスショートブーツのカカト修理です

ヒールの革ってすぐめくれちゃいますよね〜〜(^^)

そのまま履いて千切れちゃうとメンドウなので
早めに修理に出しましょうー

ヒールの革のめくれをごまかします、1

ヒールの革のめくれをごまかします、2


めくれた革にボンドを塗って、引っ張りながら接着してから
黒く塗って光らせて目立たなくします

カカトゴムも一緒に交換していますよ


ヒールの革のめくれをごまかします、3

ヒールの革のめくれをごまかします、4

こういったヒールの革の接着は
カカト修理と一緒にご依頼いただければ

ついでにやっておきます(^^)

今回の修理金額は両足で990円です
状態によって料金は前後します




2020.9.6

シモンフルニエール(Simon Fournier)の
紳士サイドゴアブーツのソール補強修理です


新品のうちにソール補強ですね〜〜

シモンフルニエールのブーツの修理、1


ソール全面を薄く削ってハーフソールを貼っています

最近取り扱いをはじめた
ミシュランの1.8ミリ厚のハーフソールです(^^)


シモンフルニエールのブーツの修理、2

シモンフルニエールのブーツの修理、3

これで滑らず安心して履けますね

ブーツでもスニーカーでも
ソール補強は「貼るならなるべく早めに」が鉄則です(^^)

今回の修理金額は両足で2200円です
状態によって料金は前後します




2020.6.10

レディスロングブーツの履き口、ファスナーベロ、中貼りの
傷んだ合成皮革の修理です


経年劣化で合皮部分がベロベロにめくれてしまっています

それぞれを、用途にあった方法で修理します(^^)


まず、履き口は傷んだ合皮を剥がして革で貼り替えます

ロングブーツの修理、インナー履き口、中敷きの貼替えです、1

お待たせしています、くつ修理なかじまです2

元と同じようなこげ茶の革で貼り替えましたので
履いた際にチラッと見える色や質感も元に近いと思います(^^)

ロングブーツの修理、インナー履き口、中敷きの貼替えです、3

ロングブーツの修理、インナー履き口、中敷きの貼替えです、4

ロングブーツの修理、インナー履き口、中敷きの貼替えです、5

ファスナーベロの裏は、面積も小さくあまり見た目に関係ない部分なので
テープでペタペタ剥がして、グレーの布地っぽくします

その目的は「衣服を挟み込まない」ことなので
裏が革でも合皮でも、合皮をめくった布地っぽい素材でも

特に問題ありません(^^)

見た目も実用性も問題なければ、
あえて貼り替えずにコストダウンするのも合理的だと思います(^^)


中貼りはそのままにはしていられない部分ですので
革で貼り替えます

ロングブーツの修理、インナー履き口、中敷きの貼替えです、6

ロングブーツの修理、インナー履き口、中敷きの貼替えです、7

これでそれぞれの部分に応じて、キレイになりました(^^)

次の冬にもガンガン履けそうですね♪

今回の修理金額は履き口が8800円、
ファスナーベロが無料、中貼りが2200円です
状態によって料金は前後します




2020.5.2

レディスハーフブーツのカカトの貼替え修理です

ヒールがかなり減りすぎているように見えますが
これぐらいマッタク問題ありません(^^)

というか、日々持ち込まれる靴のカカトって
だいたいこんな感じです♪

ハーフブーツのカカトゴム貼替え画像です、1

ハーフブーツのカカトゴム貼替え画像です、2

減っている高さまでまっすぐ削り落として
両足高さを合わせて角度を調整してから

ビブラムのカカトゴムを貼って仕上げています

ハーフブーツのカカトゴム貼替え画像です、3

ハーフブーツのカカトゴム貼替え画像です、4

元々のゴムが3ミリほどしかなかったので
ヒールを3ミリ削って6ミリのゴムを貼ると、高さもだいたい元通りです(^^)

次回はもう少し早めにお願いしますね〜〜〜

今回の修理金額は両足で1100円です
状態によって料金は前後します




2020.4.12

紳士アンクルブーツのソールの修理です

スポンジのビブラムソールがすり減っていましたので
減っている高さまで削り落として、ゴムを貼っています



ブーツのすり減ったソールも削ってゴムを貼って直します、1

ブーツのすり減ったソールも削ってゴムを貼って直します、2

カカト外側が大きく減っていましたので
その高さでソール全体をフラットに削り落として

淵から少し内側のラインで
全体に6ミリクレープゴムを貼って仕上げています

ブーツのすり減ったソールも削ってゴムを貼って直します、3

ブーツのすり減ったソールも削ってゴムを貼って直します、4



元は土踏まずが少し浮いているソールでしたが
ご相談の結果フラットに仕上げています

今回の修理代金は両足で7700円です
状態によって金額は前後します




2020.4.12

ブッテロ(BUTTERO)のブーツのソールとヒールの修理です

修理というより補強ですね(^^)
新品のうちにゴムを貼って両方とも保護しますよ〜

BUTTEROのブーツの底にゴムを貼って保護します、1

BUTTEROのブーツの底にゴムを貼って保護します、2

ソールは縫い付けられている樹脂のハーフソールの上から
ビブラムハーフソールを貼っています

カカトは貼り替えができるようになっているのですが
ご希望でさらに1枚ゴムを貼りました

ミシュランヒールです(^^)

BUTTEROのブーツの底にゴムを貼って保護します、3

BUTTEROのブーツの底にゴムを貼って保護します、4

ソールは樹脂ソールがすり減ると縫い付けられた糸も切れてしまうので
上からゴムを貼っておくと糸を切らずに履くことができます

剥がれ防止なのはわかるのですが
最初から樹脂ソールには糸をかけないでほしいですよね〜(^^)

今回の修理代金はソールが2200円、ヒールが1650円です
状態によって金額は前後します




2019.12.28

アグ(UGG)のブーツのソールを
キレイに修理できるように加工します


スポンジソールはすり減った際に修理できるのですが

こういった明るい色は同じ色の材料がまずありませんので
修理跡が目立ってしまうことが多いです

ってことで、修理しやすいようにします(^^)

UGGのブーツは減る前にソールにゴムを貼っておこう、1

UGGのブーツは減る前にソールにゴムを貼っておこう、2

ソールの凹凸をフラットに削り落として、淵から少し内側のラインで
全体に4ミリ厚のクレープゴムを貼りました

UGGのブーツは減る前にソールにゴムを貼っておこう、3

UGGのブーツは減る前にソールにゴムを貼っておこう、4

あとは、このゴムがソールの代わりにすり減ってくれるので

カカトが減ったら部分的に貼り替えて、つま先も同じようにして
全体的に減ったら、丸ごと貼り替えます

減り過ぎさえ気をつければソールが傷みませんので
永くキレイに履いていけますよ〜〜(^^)

今回の修理代金は両足で7700円です
状態によって料金は前後します




2019.12.21

アグ(UGG)のショートブーツのソール補強です

スポンジソールなのですり減ってからでも修理はできるのですが
明るい色のソールは修理跡が目立つんですよね〜〜

というわけで、履く前に補強です(^^)

UGGのブーツは履く前にソール補強!1

UGGのブーツは履く前にソール補強!2

ソールの凹凸模様をフラットに削り落として
淵から少し内側のラインで全体にゴムを貼っています

今回は黒クレープゴムの4ミリ厚です

UGGのブーツは履く前にソール補強!3

UGGのブーツは履く前にソール補強!4

スポンジソールはすり減ってくるとグリップする部分がなくなり
雨の日のタイルなんかでメチャメチャ滑ります

スポンジそのものにはグリップ力がないですからねー

それから全体にゴムを貼るぐらいなら
最初から貼っておくほうが仕上がりがキレイですよ(^^)

今回の修理代金は両足で7700円です
状態によって料金は前後します




2019.11.26

サンローラン・パリ(Saint Laurent Paris)の紳士ブーツのソール補強です

革ソールは滑りますし
そのまま履くとすぐに底縫いの糸が切れますからね〜〜

長く履くならソール補強がおすすめです(^^)

サンローランのメンズブーツも補強します、1

サンローランのメンズブーツも補強します、2

ソール前面を薄く削って、ビブラムハーフソールを貼っています

これでガンガン履いてくださいねー

今回の修理代金は両足で2200円です
状態によって料金は前後します




2019.11.20

紳士ハーフブーツの破れの修理です

アキレス腱あたりが破れてパックリ開いてしまっています

ブーツの破れ修理、1

キレイに直すのが難しいので、修理跡はどうしても目立ってしまいます

裂け目内部に補強の革を入れて接着してから
裂け目をまたぐように×××××と縫い付けて仕上げています

ブーツの破れ修理、2

ブーツの破れ修理、3

ブーツの破れ修理、4

破れた原因は定かではありませんが
どこかで引っ掛けたのでなければ内側から突いて破れたのかもしれません

サイドゴアブーツはどうしてもピッタリフィットしないので
歩く際にカカトが抜けてしまいがちです

ブーツなので靴から抜けることがなく
さほど気にならないのですが

そうすると、アキレス腱部分を1歩ごとに突いてしまい
こんなふうに破れてしまうことがあります

ちょっと気をつけてくださいね〜〜

今回の修理代金は1箇所で2200円です
状態によって料金は前後します




2019.11.11

チャーチ(Church's)のブーツのソール補強です

英国製等なブランドでジェームス・ボンドも愛用してるんだとか
そう言われてみると、急に歴史の重みを感じます(^^)



とはいえ実用的には、革ソールは滑って歩きにくいので
前面を薄く削ってビブラムハーフソールを貼っています



革底は見た目はカッコいいのですが
現代の道路事情にはイマイチ合っていません

雨の日のタイルの上なんかメチャメチャ滑りますので
かなり慎重に歩く必要があります

ガンガン歩くなら、やっぱゴムですよね〜(^^)

今回の修理代金は両足で2200円です
状態によって料金は前後します




2019.9.20

紳士ショートブーツのソールとヒールの補強修理です

新品の底にゴム貼り補強ですね〜〜(^^)

紳士ショートブーツのソールとヒールも補強します、1

紳士ショートブーツのソールとヒールも補強します、2

ソールは薄く削ってからビブラムハーフソールを貼りました

カカトは現状のゴムを少し削ってタフZを貼り足して仕上げています

紳士ショートブーツのソールとヒールも補強します、3

紳士ショートブーツのソールとヒールも補強します、4

あとはこのゴムたちを貼り替えていけば
ずっとキレイに履けますね(^^)

減り過ぎに注意です〜〜〜

今回の修理代金はソールが2160円、ヒールも2160円です
状態によって料金は前後します




2019.9.14

インヒールブーツのソールとヒールの修理です

修理済みのゴムが磨り減ってきましたので
ソールヒール、両方とも貼り替えました

インヒールブーツのソールとヒールの修理、1

インヒールブーツのソールとヒールの修理、2

ソールはハーフソールの貼替えで
大判サイズのビブラムを使用しています

ヒールはカカト外側が減りすぎていましたので
革を足して高さを戻してからミシュランヒールで貼り替えています

インヒールブーツのソールとヒールの修理、3

インヒールブーツのソールとヒールの修理、4

次回はもうちょっと早めに修理をお願いしますね〜〜(^^)

今回の修理代金はソールが2700円、ヒールが2160円です
状態によって料金は前後します




2019.6.8

バルマン(BALMAIN)のショートブーツの底の修理です

いつも新品の高級靴を送ってくださる常連様です
いつもありがとうございます〜〜〜m(_ _)m

今回もいつもどおり新品時の底の補強です

BALMAINのブーツも修理します!1

BALMAINのブーツも修理します!2

ソールは前面の黒い樹脂部分にハーフソールを貼り
カカトはゴムの上にもう1枚ミシュランヒールを貼り足しています

BALMAINのブーツも修理します!3

BALMAINのブーツも修理します!4

ソールが少し特殊な構造で細めに作ったレザーソールに
カップ状の樹脂ソールを被せているような感じですので

すり減ってからだと部分的な修理が難しそうですし
オールソールをすると元のフォルムには戻せない感じです

ってことで、最初に補強ですね(^^)

今回の修理代金はソールが2160円カカトが1620円です
状態によって料金は前後します




2019.5.28

サンローラン・パリ(Saint Laurent Paris)
のショートブーツの底の補強修理です


高級ブランドの新品はキンチョーしますね〜(^^)
新品の底にゴムを貼って補強しました

サンローラン・パリのブーツのソールも補強します、1

ソールは接地面を薄く削ってビブラムハーフソールを貼りました

カカトはゴムが貼ってあるのですが
その上からさらにもう1枚カカトゴムを貼っています

こちらもビブラムです

サンローラン・パリのブーツのソールも補強します、2

カカトゴムの貼り足しはいろいろな目的があると思いますが
ご依頼いただければサクッと貼りますよ〜

決して根掘り葉掘りお聞きしたりしません(^^)

今回の修理代金は両足で3132円です
状態によって料金は前後します




2019.5.14

ショートブーツのファスナーの交換修理です

メタルファスナーはこんな風に真中付近の歯が飛んでしまうと
部分修理が効かないんですよね〜〜(^^)

というわけでサクッと交換しましょう

ブーツのファスナーも交換します、1

似たような色のYKKのメタルファスナーで交換して
スライダーの引手を移植して同じような仕上げにしています

また、ファスナーベロが合皮のようで劣化して傷んでいましたので
黒い革で作り直してあります

ブーツのファスナーも交換します、2

ブーツのファスナーも交換します、3

ファスナーは、ほとんどが上げる際に壊れるようで
立ったまま靴を履くのが原因であることが多いです

座って靴を履くだけで故障のリスクをかなり下げることができますので
オススメですよ(^^)

今回の修理代金は片足で9720円です
状態によって料金は前後します




2019.4.9

ショートブーツのファスナーの修理です

レールの上部が破損して
そこからスライダーが抜けてしまっています

メタルファスナーは部分修理が難しいんですが・・

ブーツのファスナー修理もお任せください、1

今回は傷んでいるのがかなり上の方でしたので
その部分に金具を取り付けてそれ以上上がらないようにしました

スライダーも入れ直すとスムーズに作動していますので
これで問題なく履けると思います

ブーツのファスナー修理もお任せください、2

ブーツのファスナー修理もお任せください、3

この修理ができるのはある程度の条件がありますので
やはり破損させないことが大事ですね〜

ほとんどの場合がファスナーをあげる際に壊してしまうので
履くときは座って行うと、それだけで防ぐことができますよ(^^)

今回の修理代金は片足で1944円です
状態によって料金は前後します




2019.3.17

紳士ショートブーツの新品時の底の補強です

ROCK!な感じのブーツですね〜
ギターをかき鳴らしてそうです(^^)

紳士ブーツの新品時ソールヒール補強もお任せください、1

紳士ブーツの新品時ソールヒール補強もお任せください、2

ソール前面はビブラムのハーフソールを貼り
カカトはリフトを剥がさずに上から1枚貼り足しています

ミシュランヒールです

紳士ブーツの新品時ソールヒール補強もお任せください、3

紳士ブーツの新品時ソールヒール補強もお任せください、4

ミシュランでいい感じのハーフソールが出たら
前後でお揃いにできるんですけどね〜〜

今のところミシュランのハーフソールはゴツすぎます(^^)

今回の修理代金はソールが2160円、ヒールが1620円です
状態によって料金は前後します




2019.2.19

先日に続いて今日はヒールカットの影響についてです

ヒールを1センチカットするということは
逆に言うとつま先が1センチ上がるということです

下の画像をご覧ください

ヒールをカットするとつま先が上がる、1

ヒールをカットするとつま先が上がる、2

カットした分だけつま先が上がっていますね

ソールが柔らかけば体重をかけることで接地するのですが
ソールが硬いと上がったまま履く形になります

指の付け根部分だけで地面を捉えますので
かなり疲れることが予想できると思います

それでも1センチカットなら楽になることが多いようですので
高すぎて履けない方は一度ご検討ください

1センチを超えるカットは、ギャンブルです(^^)

今回の修理代金は両足で864円です
状態によって料金は前後します




2019.2.13

ブーツのカカトと中貼りの修理です

カカトはゴムがボロボロに劣化していました
履かずにしまっておいた靴ってこうなりがちなんですよね(^^)

履く前に玄関でカカトをカンカン打ち付けてみて
チェックするようにしましょうー

ブーツカカト貼替え修理、1

ブーツカカト貼替え修理、2

貼替えは特に問題なくフツーに完了しています


中貼りも経年劣化で崩れていましたので
キャメルの中貼りで貼り替えています

ブーツ中敷き貼替え修理、1

ブーツ中敷き貼替え修理、2

おっと、修理前後で画像の角度がぜんぜん違う・・・(^^)

今回の修理代金はカカトが972円、中貼りが1296円です
状態によって料金は前後します




ロングブーツのヒールカットです

ヒールカットと言うと「高すぎて履けない」という理由が多いのですが
それ以外に「ヒールの角度調整」の目的もあります

こちらヒールを見てください

ブーツのヒールの角度がおかしい、不良

わかりやすく赤い線を引いてみましたが
重心が地面に落ちるラインよりもヒール接地面が後ろにあるんです

原因は単純に、メーカーがいい加減だからです(たぶん)

このまま履くと歩くたびに
ヒールが後ろに開こうとする力がかかり

いずれ土踏まず内部にある鉄の背骨(シャンクといいます)
が折れてしまいます

いちばん大事なのは「こんな靴は買わない」ことですが
買っちゃったら仕方ない(^^)ヒールを低くして角度を調整しましょう

ブーツのヒール1センチカット、角度調整

今回はヒールを1センチカットしました
重心の位置にヒール接地面が来ていますね(^^)

これでずいぶん歩きやすくなりますし
耐久性アップにもなるはずです

もちろんヒールを交換する方法もあるのですが
カットするほうが手軽に行える改善法なんですよね

作業時間はなんと!
10分ぐらいです(^^)

ご自身の靴が「なんか変な感じがする・・」という場合は
こういったことが原因のこともありますので

一度チェックしてみてください

今回の修理代金は両足で1320円です
状態によって料金は前後します






当サイトは基本的にリンクフリーですが、

当サイトをご紹介いただく為でない場合は
画像、文章、その他一切の無断転用を禁止させていただきます

ブログ等で当サイトを宣伝していただくのは大歓迎です(^^)




2021.