サンダル、ミュールの修理例 2

〜カカト減り、ソール補強、中敷き交換、ストラップ抜け、ハナオ切れなど〜




2023.7.16

スイコック(SUICOKE)のサンダルのソール補強です


補強というよりも(^^)カスタムです




底面の凹凸をある程度までフラットに削って整え
薬品を塗って接着力を高めます

貼り付けたのはビブラムS1559ソールで
かなり厚型のシャークソールです

今回は淵に沿って貼っています


サンダルの底面を厚型のシャークソールで補強、1

サンダルの底面を厚型のシャークソールで補強、2

サンダルの底面を厚型のシャークソールで補強、3

サンダルの底面を厚型のシャークソールで補強、4

サンダルの底面を厚型のシャークソールで補強、5


厚底のサンダルになっただけでなく
ソールだけ白になってカスタム感が高まっていますね(^^)

今回の修理は
フラット削が1100円、S1559ソールが11000円で
合計12100円です状態によって料金は前後します



2023.7.4

エルメス(HERMES)のサンダルのソール補強


同じサンダルの色違いですね(^^)






それぞれ底面を薄く削り淵から少し内側のラインで
全体ゴムを貼りました

どちらもスカルソールを使っています


HERMESのサンダルソール補強、1

HERMESのサンダルソール補強、2

HERMESのサンダルソール補強、3

HERMESのサンダルソール補強、4


HERMESのサンダルソール補強、5

HERMESのサンダルソール補強、6

HERMESのサンダルソール補強、7

HERMESのサンダルソール補強、8


サンダルもそのまま履くと底が減り
特にカカトは擦ってしまいがちです

こうして補強しておけば安心ですね(^^)

今回の修理はそれぞれ両足で9900円です
状態によって料金は前後します



2023.6.11

ゼローズ(ZERROWS)のサンダルのソール補強です


サンダルもソール補強できるんですよ〜(^^)




底面の凹凸を削り落としてフラットに整え
淵から少し内側のラインでゴムを貼っていきます

6ミリ厚のクレープゴムを貼り
カカトをタフZで強化しています


ZERROWSのサンダルのソール補強、1

ZERROWSのサンダルのソール補強、2

ZERROWSのサンダルのソール補強、3

ZERROWSのサンダルのソール補強、4


カカトを強化すると少し重くなりますので
それによりカカトを擦りがちになるかもしれません

とはいえ、元々サンダルはカカトを擦りがちなので
それを見越して強化するのも合理性があります

なんにしてもベルトなどで調整が効く場合は
キッチリ締めて履いていただければ

サンダルの重さも感じにくくなりますし
カカトの減りも軽減されます♪

今回の修理金額は
フラット削が1100円、クレープゴムが6600円
タフZが3300円で、合計11000円です
状態によって料金は前後します




2023.5.17

ムーンスター(MOONSTAR)の
サンダルのソール補強です


サンダルの底も補強します(^^)




底面の凹凸をフラットに削り落とし
淵から少し内側のラインでゴムを貼っていきます

6ミリ厚のクレープゴムに
カカトをミシュランで強化しています


MOONSTARのサンダルのソール補強、1

MOONSTARのサンダルのソール補強、2

MOONSTARのサンダルのソール補強、3

MOONSTARのサンダルのソール補強、4


サンダルもこうしてソール補強しておけば
長くキレイに履けますね(^^)

今回の修理金額は
フラット削が1100円、クレープゴムが6600円
ミシュランが2200円で、合計9900円です
状態によって料金は前後します




2023.3.27

マルニ(Marni)のサンダルのソール補強です


そのまま履くとあっという間に傷みそうな造りです
もしかして室内履きなんでしょうか・・(^^)




底面を薄く削るのですがグラインダを使うと
底縫いの糸を切ってしまいそうでしたので

手作業で削り面を整えます

その上で淵が斜めに落ちている淵に沿って
全体にゴムを貼っていきます

6ミリ厚のクレープゴムです


マルニのサンダルのソール補強、1

マルニのサンダルのソール補強、2

マルニのサンダルのソール補強、3

マルニのサンダルのソール補強、4


これで安心して履けますね(^^)

カカトが減ってきた際には
通常はゴムをカットして部分貼替えするのですが

こちらはソールの構造上、すり減った箇所を
斜め修理するほうがいいかもしれません

今回の修理金額は
手作業削りが1100円、クレープが6600円で
合計7700円です
状態によって料金は前後します




2023.3.18

エルメス(HERMES)のサンダルのソール補強です


こういう修理をお受けすると冬の終わりを感じますね(^^)




接地面の凹凸を削り落とすと
ソールの厚みが半分以下になってしまい
削る熱による素材の傷みが気になりますので

表面を薄く削り、凹凸をそのまま残した状態で
淵から少し内側のラインでゴムを貼っています

4ミリ厚のクレープゴムです


エルメスのサンダルのソール補強、1

エルメスのサンダルのソール補強、2

エルメスのサンダルのソール補強、3

エルメスのサンダルのソール補強、4


こうしてゴムを貼っておけば
ソールを消耗品にせずに済みますね(^^)

カカトが減ったら部分貼替えできますが
カカトを強化するとカカトだけ重くなるので

同じゴムでの部分貼替えがオススメです

今回の修理金額は両足で6600円です
状態によって料金は前後します




2022.7.9

ドクターマーチン(Dr. Martens)のサンダルの
つま先の修理です


厚底のサンダルってつま先が傷むんですよね〜〜(^^)

ってことで、サクッと直します






すり減ったつま先を斜めに削り落として
ゴム傾斜板で厚みを戻しています


ドクターマーチンのサンダルのつま先修理、1

ドクターマーチンのサンダルのつま先修理、2

ドクターマーチンのサンダルのつま先修理、3


これでシルエットはほぼ元通りです(^^)

カカトが減った際も修理できますので
またお声がけくださいませ♪

今回の修理金額は両足で2200円です
状態によって料金は前後します




2022.7.5

サンダルのソール貼替え修理です


すり減ったソールを
より耐久性の高いゴムに貼り替えます(^^)




ボンドも劣化していたようで
アウトソールはカンタンに剥がせました(^^)

残った古いボンドを削り落として薬品を塗り
淵から少し内側のラインでゴムを貼ります

ビブラム342ソールを使いました


サンダルの底をシャークソールに貼り替えます、1

サンダルの底をシャークソールに貼り替えます、2

サンダルの底をシャークソールに貼り替えます、3

サンダルの底をシャークソールに貼り替えます、4


はい完成です(^^)

ソールがギザギザになって
印象もかなり変わりましたね♪

今回の修理金額は両足で8800円です
状態によって料金は前後します




2022.5.21

エルメス(HERMES)のサンダルのソール補強です


フラットな革ソールのサンダルに
シャークソールを貼ります(^^)




接地面を薄く削り
淵から少し内側のラインでゴムを貼ります

今回はビブラム342ソールを
全体に貼っています


サンダルの底をシャークソールで補強、1

サンダルの底をシャークソールで補強、2

サンダルの底をシャークソールで補強、3

サンダルの底をシャークソールで補強、4


これでちょいワルになりましたね(^^)

革ソールはクッション性がないので
履き心地も良くなっていますよ♪

今回の修理金額は両足で9900円です
状態によって料金は前後します




2022.4.29

サンダルの中貼りの貼替えです


傷んだ中貼りは貼り替えてしまえば
気分も一新です(^^)



サンダルの中敷きの貼替え


今回はホワイトベージュで貼り替えました
いかがでしょうか(^^)

今回の修理金額は両足で1650円です
状態によって料金は前後します




2022.4.29

グッチ(GUCCI)とミュウミュウ(MIUMIU)の
サンダルのソール補強です


どちらも新品のうちにソール補強をします!(^^)




それぞれ接地面を薄く削り
淵から少し内側のラインでゴムを貼ります

グッチには4ミリ厚のクレープゴムを
MIUMIUには6ミリ厚のクレープゴムを貼っています


サンダルのソール補強修理、1

サンダルのソール補強修理、2

サンダルのソール補強修理、3


こうして最初にゴムを貼っておけば
サンダルもキレイに長く履けます(^^)

カカトが減ったら部分貼り替え可能なので
減り過ぎに注意です〜〜♪

今回の修理金額はそれぞれ両足で6600円です
状態によって料金は前後します




2022.4.12

サンダルの中貼りの貼替えです

経年で傷んだ中貼りは
サクッと貼り替えましょう(^^)




サンダルの中貼りの貼替え


こうして新しくすれば
見た目もスッキリしますね

また劣化しても貼替えOKです

その度に色を変えても面白いですね(^^)

今回の修理金額はそれぞれ両足で1650円です
状態によって料金は前後します




2022.4.2

グッチ(GUCCI)のサンダルタイプの革靴の
減りすぎたカカト修理と補強ゴムの貼替えです


どこかで貼ったゴムを越えて(^^)
カカトが減りすぎていますので

剥がして、積んで、補強します♪






貼っているのは1.8ミリ厚のビブラムシートなので

擦り歩きしてしまいがちな
サンダルのカカトゴムとしてはあまりに薄すぎます

普通に履けばあっという間にこれぐらい減るのは
致し方ないと思います

ってことで(^^)

ゴムを剥がして、古いボンドを削り落とし
減りすぎたカカトに革を積んで高さを戻し

ソール全体にビブラム342ソールを貼っています


カカトの減りすぎたグッチサンダルの修理、1

カカトの減りすぎたグッチサンダルの修理、2

カカトの減りすぎたグッチサンダルの修理、3

カカトの減りすぎたグッチサンダルの修理、4


342ソールは6.5ミリ厚なので
カカトゴムとして厚みは合格です(^^)

ただ、耐久性はやはり
専用のカカトゴムよりは弱いので

次回減った際には
更に強いゴムで強化しましょう♪

今回の修理金額は両足で11000円です
状態によって料金は前後します




2021.11.6

エルメス(HERMES)のサンダルの底の補強です


サンダルもソールにゴムを貼ると長持ちしますよ(^^)


白黒のサンダルはフラットなソールですので
全体に4ミリ厚のクレープゴムを貼っています




エルメスのサンダル修理、1

エルメスのサンダル修理、2


接地面の凹凸はそのまま残していますので
ソールに与えるダメージも限定的です(^^)


黒いサンダルはヒールが独立していますので
革靴のように前面にハーフソールを貼りました





エルメスのサンダル修理、3

エルメスのサンダル修理、4


これで2足とも補強完了です(^^)


今回の修理金額は全体が6600円
ハーフソールが2200円です
状態によって料金は前後します




2021.8.29

サンダルのバックバンドゴムの交換です


こちらのゴムは消耗品ですので
伸びたり切れたりしたら、交換しましょう(^^)






両側のステッチを解いて切れたゴムを外し
同じようなゴムを縫い付けて仕上げています

このゴムは「革巻きゴム」と呼ばれていて
通常のゴムよりも修理費が高くなっています(^^)


サンダルのバックバンドゴム交換修理、1

サンダルのバックバンドゴム交換修理、2


新たなゴムを取り付ける際には
表側の元のミシン穴を拾って縫い付けます

ですが、裏側のミシン穴はどうしてもズレてしまいますので
あらかじめご了承くださいませ(^^)

今回の修理金額は1箇所で2640円です
状態によって料金は前後します




2021.8.10

厚底サンダルのストラップ切れの修理です

縫い付けたミシン穴が切り取り線になって
革が裂けてしまっています






ストラップを縫い付けている糸をほどいて一旦外し
裂け目を補強していきます

補強のナイロンを巻いて
裂け目をまたぐように×××××と縫い付けて

オモテウラ両側に似た質感の革を貼って
周りを縫い付けます

そのままだと革が綺麗すぎて浮いて見えますので
少しクリームで汚して馴染ませています


サンダルのストラップ切れの修理、1

サンダルのストラップ切れの修理、2

サンダルのストラップ切れの修理、3


革の継ぎ目をバックルで隠すようにしましたので
自然に仕上がっていますね(^^)


今回の修理金額は1箇所で2200円です
状態によって料金は前後します




2021.8.9

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の厚底サンダルの
ソール貼替え修理です


樹脂製のソールが劣化して欠けていましたので
ゴムで作り直しをします






樹脂が劣化するほど年数が経っていると
ボンドも劣化していて剥がすのも簡単でした(^^)

元は飴色のソールでしたが
アッパーーのベルトに合わせてこげ茶のソールを貼っています


ヴィトンの厚底サンダルのソール交換、1

ヴィトンの厚底サンダルのソール交換、2

ヴィトンの厚底サンダルのソール交換、3


元々のようにヒトツナギのソールではなく
カカトゴムをセパレートにしていますので

今後のメンテナンスも簡単です(^^)

カカトを貼り替えながら履いていただき
ソールの滑り止め模様がなくなってきたら

ハーフソールで補強をしましょう♪


今回の修理金額は両足で7700円です
状態によって料金は前後します




2021.7.31

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のサンダルの
ソールを新しいうちに保護します

ラダー型のソールをギザギザのシャークソールに
加工するようなイメージですね(^^)








今回はご希望でソールの淵までゴムを貼っています

接地面の凹凸をフラットに削り落としてから
淵に沿ってビブラム342ソールを貼り付けました

こうやって淵に沿ってゴムを貼ると
ソールにボリュームを出すことができるんですね(^^)


ヴィトンのサンダルのソール修理、1

ヴィトンのサンダルのソール修理、2

ヴィトンのサンダルのソール修理、3


ソールのエッジが鋭くなって
シャープな印象になりましたね(^^)

スポンジ系のソールの接地面がゴムになり
滑り止め効果も抜群ですよ

今回の修理金額は両足で9900円です
状態によって料金は前後します






もっと見る→





当サイトは基本的にリンクフリーですが

当サイトをご紹介いただく為でない場合は
画像、文章、その他一切の無断転用を禁止させていただきます

ブログ等で当サイトを宣伝していただくのは大歓迎です(^^)




2023.