革靴、紳士靴の修理例

〜ヒール貼替え、ソール保護、内側破れなど〜





2023.6.23

マルニ(Marni)のソールとヒールの修理です


スポンジ系の底なので減りだすと早いです
ってことで(^^)ゴムで補強をします




ヒールは減っている高さまでまっすぐ削り落とし
ミシュランヒールを貼っています

ソールは前面を薄く削り
1.8ミリ厚のゴムハーフソールを貼りました


マルニの革靴の底の修理、1

マルニの革靴の底の修理、2

マルニの革靴の底の修理、3

マルニの革靴の底の修理、4


これでガンガン履けますね(^^)

減ってきたら貼り替えれば元通りですので
底自体を傷めずに履いていけます♪

今回の修理金額は
ソールが3300円、カカトが3300円です
状態によって料金は前後します




2022.5.25

紳士革靴のカカト内側の破れと
ソールカカトの貼替え修理です


カカト内側は革が破れていますので
上から新たに革を貼り付けて修理します




紳士革靴のカカト内側破れの修理、1

紳士革靴のカカト内側破れの修理、2

紳士革靴のカカト内側破れの修理、3


くるぶし〜くるぶしぐらいの範囲で
似た色のスエードを貼っています(^^)

外側に元々あるステッチを利用して
縫い付けていますので

外側から修理跡はほぼわかりません


ソールカカトはリフトがすり減っていますので
似たような革ハーフリフトで貼り替えます





紳士革靴のカカトを革ハーフリフトで貼替え、1

紳士革靴のカカトを革ハーフリフトで貼替え、2


はい完成です(^^)

これでまだまだ履けますね〜

今回の修理金額は
カカト内側が6600円、革ハーフリフトが5500円です
状態によって料金は前後します




2021.7.17

紳士革靴のソールとヒールの修理です


キレイに履いていただいているので
直し甲斐があります(^^)

今回はつま先も戻しますよ






こんな風につま先がすり減っている場合は
厚みを戻してからハーフソールを貼るほうがいいです

ということで、革を足してつま先の厚みを元に戻してから
ソール前面にゴムハーフソールを貼っています


カカトは革ハーフリフトが付いていましたが
お客様とのご相談の結果、カカトゴムで貼り替えています


こちらのゴム、実は両方ともミシュランです


紳士靴の底の修理

革靴のすり減ったつま先修理


つま先の側面はピカピカに磨いていますので
これで気持ちよく履いていただけると思います

今後は、貼り付けたゴムがなくなり切る前に
貼替えメンテナンスを実施していただければ

長くキレイに履けますね

今回の修理金額はソールが4400円
カカトが2200円です
状態によって料金は前後します




2021.7.16

ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)の
メッシュレザーシューズのソール補強です


これからの暑い時期に活躍しそうな
通気性抜群の革靴ですね(^^)






ソールが元から薄く、カカトやつま先がすり減ると
メンテナンスが大変そうなので

新しいうちに底に1枚ゴムを貼っておきます

今回はソールの淵に沿って
4ミリ厚のクレープゴムを貼りました


ボッテガ・ヴェネタのレザーシューズの底補強修理、1

ボッテガ・ヴェネタのレザーシューズの底補強修理、2


これでソールを傷めずに履くことができますね

メンテナンスもかんたんで
カカトやつま先など「減った箇所」だけ部分貼替えが可能です(^^)

今回の修理金額は両足で6600円です
状態によって料金は前後します




2021.2.6

クリスチャン・ディオール(Christian Dior)
の革靴のヒールとソールの修理です

いわゆる革靴のメンテナンスですね(^^)

カカトもソールもゴムにしますよ〜〜

ディオールの革靴修理、1

ディオールの革靴修理、2

ディオールの革靴修理、3


カカトの貼替えは同じような革ハーフのリフトではなく
ゴムのミシュランヒールを使っています

こちらのほうが耐久性も歩きやすさも
圧倒的に上だったりします(^^)


ソールは前面を薄く削って
こちらもミシュランのハーフソールを貼っています


ディオールの革靴修理、4

ディオールの革靴修理、5

ディオールの革靴修理、6


これで地面に当たる部分が全てゴムになりましたので
快適に歩けると思いますよ〜〜

今回の修理金額はヒールが2200円、ソールが3300円です
状態によって料金は前後します




2021.1.10

紳士革靴のソールとヒールの修理です

ダンヒルの革靴はリピートのご依頼です

以前修理したカカトゴムの貼替えと
ハーフソールも貼り替えます

紳士革靴のソールとヒールの修理、1

紳士革靴のソールとヒールの修理、2


カカトは同じゴムで、ソールは黒いゴムになりました


アルマーニは今回初ご依頼で
こちらも同じ部分の修理です

カカトが少し減りすぎていましたので
その高さまでまっすぐ削り落として

削ったのと同じぐらいの厚みのゴムを貼って
高さを戻しています(ダンヒルと同じカカトゴム)


紳士革靴のソールとヒールの修理、3

紳士革靴のソールとヒールの修理、4

紳士革靴のソールとヒールの修理、5

紳士革靴のソールとヒールの修理、6


ハーフソールも貼り替えて新しくなり
シャキッとキレイになりましたね(^^)

今回の修理金額はダンヒルのカカトが3300円
ハーフソールはそれぞれ3300円
アルマーニのカカトは4400円です
状態によって料金は前後します




2020.12.7

リーガル(REGAL)の紳士靴のカカト内側と
ソールカカトの修理です

カカト内側は破れ始めていますので
これぐらいのタイミングでご依頼いただければ

キレイに直りますね〜(^^)









くるぶし〜くるぶしぐらいの範囲にスエードを縫い付けて
破れ部分をカバーしています

元々ある淵のステッチを利用していますので
外側には修理跡は出ませんよ〜〜


ソールカカトは一体型のブロックヒールなので
減っている高さまで削って、新たなゴムを貼ります









こうすればゴムヒールを土台として使えますので
あとはカカトゴムの貼替えで済みます(^^)

貼替えのタイミングもわかりやすいですし
コスパもよく作業時間も短く済みますよ♪

今回の修理金額はカカト内側が6600円
ソールカカトが3300円です
状態によって料金は前後します




2020.11.11

ジミー・チュウ(JIMMY CHOO)のスリッポンのソール補強です

スニーカーというより革靴に近いですね
前後にラバー部分があって、真ん中がレザーですし(^^)

でもこれ、すり減ったらどうするんでしょうね
カカトが減って糸が切れたらオールソールするとか??

それはコスパが悪すぎまーす

ジミーチュウのスリッポンのソール補強修理、1

ジミーチュウのスリッポンのソール補強修理、2


ってことで、ソール全体にゴムを貼って
それを貼り替えながら履いていきましょうーー

接地面を薄く削って、淵から少し内側のラインで
ビブラム342ソールを貼っています

レッツギザギザーーーー♪


ジミーチュウのスリッポンのソール補強修理、3

ジミーチュウのスリッポンのソール補強修理、4

これでグッとスニーカーっぽくなりましたね(^^)

あとはカカトやつま先など
すり減った部分を貼り替えていきましょう〜〜

今回の修理金額は両足9900円です
状態によって料金は前後します




2020.11.1

クリスチャン・ルブタン(Christian Louboutin)の
ローヒールひも靴のソール補強です

この靴の形ってなんていうんでしょう・・
紳士靴っぽいレディス靴??

よくわかりません(^^)

ルブタンのヒモ靴にゴムを貼って補強、1

ルブタンのヒモ靴にゴムを貼って補強、2


ソール全面を薄く削って、光沢のあるミラーソールを貼り
側面を薄く削って整えてからインクで仕上げています


ルブタンのヒモ靴にゴムを貼って補強、3

ルブタンのヒモ靴にゴムを貼って補強、4


通常はソールのルブタンロゴは消さずに
その少し前からゴムを貼るのですが

今回のようにロゴの部分まで擦れている場合は
断腸の思いで(^^)ロゴを削るラインでゴムを貼ります

地面に当たる部分をゴムでカバーしないと
意味ないですからね〜〜〜(^^)

今回の修理金額は両足で4400円です
状態によって料金は前後します



2020.8.12

革靴のソール補強修理です

他店でビブラムの薄いゴムソールを
全体に貼っていらっしゃいますが

カカトが磨り減ったこのタイミングで全体を貼り替えます(^^)

革靴のソールゴム貼替え修理、1

革靴のソールゴム貼替え修理、2


接地面の古いボンドを削り落としてキレイにしてから
全体にゴムを貼っています

今回は前に4ミリ厚クレープゴム+カカトにミシュランヒールで

いつものように淵から少し内側のラインではなく
淵まで貼って、側面を薄く削って整えています


革靴のソールゴム貼替え修理、3

革靴のソールゴム貼替え修理、4

元々貼っていたのは1.8ミリ厚のゴムなので
カカトに貼るとあっという間に減ってしまいます

今回はカカトに6ミリ厚のミシュランを貼っていますので
耐久性も高いですよ〜〜〜(^^)

今回の修理金額は両足で11000円です
状態によって料金は前後します




2020.8.4

紳士革靴のソールとヒールの修理です

ソールは真ん中のゴムが磨り減ってなくなってきましたので
剥がしてハーフソールで貼り替えました

紳士靴の底の修理、1

紳士靴の底の修理、2

新たなゴムはソールの淵まで貼っていますので
底縫いの糸も保護できていますよ(^^)


ヒールは少し減りすぎていましたので
減ってる高さまで削り落として

厚めのカカトゴムを貼って高さを戻しています

紳士靴の底の修理、3

紳士靴の底の修理、4

これで地面に当たる部分はカバーできましたので
これらを貼り替えながら履いていきましょう〜

貼替えのタイミングは、お早めに(^^)

今回の修理金額はソールが3300円
ヒールが4400円です
状態によって料金は前後します




2020.7.27

紳士革靴の腰裏(カカト内側)とカカト貼替え修理、2足口です

どちらも同じような傷み方をしていますね〜(^^)

腰裏は、履き口の淵はギリギリ無事でしたので
内側の修理だけで済んでいます

紳士革靴の履き口、腰裏の修理です、1

紳士革靴の履き口、腰裏の修理です、2


紳士革靴の履き口、腰裏の修理です、3

紳士革靴の履き口、腰裏の修理です、4

紳士革靴の履き口、腰裏の修理です、5


くるぶし〜くるぶしの範囲をスエードで覆って
傷みをカバーするのですが

元々の淵のステッチを利用して縫い付けていますので
外側の状態はほぼ変わっていません(^^)


紳士革靴の履き口、腰裏の修理です、6

紳士革靴の履き口、腰裏の修理です、7


紳士革靴の履き口、腰裏の修理です、8

紳士革靴の履き口、腰裏の修理です、9

紳士革靴の履き口、腰裏の修理です、10

上部をステッチで、下部は革の淵を
中敷きの下に入れ込んで接着していますので

擦れてもベロンとめくれることはありません(^^)

ただ、ここが傷むのはサイズがゆるいのが原因ですので
前半分の中敷きなどで調整をお願いしますね


カカトはそれぞれゴムの貼替えですね

紳士靴のカカト貼替え修理、1

紳士靴のカカト貼替え修理、2

紳士靴のカカト貼替え修理、3

紳士靴のカカト貼替え修理、4

厚いゴムには厚いゴムを使い
革ハーフはミシュランヒールで貼り替えました

これで2足とも復活ですよ〜〜〜(^^)

今回の修理金額は腰裏がそれぞれ6600円
カカトは厚いゴムが3300円、ミシュランが2200円です
状態によって料金は前後します








当サイトは基本的にリンクフリーですが当サイトをご紹介いただく為でない場合は画像、文章、その他一切の無断転用を禁止させていただきます
ブログ等で当サイトを宣伝していただくのは大歓迎です(^^)



2024.