バレンシアガ(BALENCIAGA)
の修理を専門家が解説します


原材料の高騰や世界情勢の影響により
予告なく価格を値上げする場合があります
あしからずご容赦くださいませ

15年以上の修理実績と技術で
特に「トリプルS」のソール補強に強い!


クリストバル・バレンシアガによって設立された
フランスのブランド「バレンシアガ」

その中でものトリプルSのソール補強は
これまで数多くの施工経験があります

他店ではなかなか受けてもらえない
特殊な修理ですが

当店では十分な経験があり
その仕上がりは大変お喜びいただいています

プロの技術をぜひお試しください


とりあえず聞きたいことがある!」という方は↓
メール→Mail     LINE→



具体的なバレンシアガの修理の実例の画像や
修理方法の詳しい解説は下記をご覧ください↓





2022.7.4

バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のソールの修理です

カカトがガッツリ減ってますね〜〜
たぶん、今までで一番減ってます(^^)

ちょっとイビツになりますが
ゴムを貼って履けるようにします♪






接地面をそれぞれ削りますが

カカト三角と外側の部分は
なんとかゴムが貼れるようにうまく削ります(^^)

貼り付けるゴムはいつもどおりで

前3枚が6ミリ厚のクレープゴムを
カカト3枚にミシュランヒールを

貼っています


カカトの減りすぎたトリプルSのソール補強修理、1

カカトの減りすぎたトリプルSのソール補強修理、2

カカトの減りすぎたトリプルSのソール補強修理、3

カカトの減りすぎたトリプルSのソール補強修理、4

カカトの減りすぎたトリプルSのソール補強修理、5


これでまだまだ履けそうですね(^^)

これ以上減らしてしまうと
さすがに修理が難しくなりますので

早めの貼替えをお願いします〜

今回の修理金額は両足で16500円です
状態によって料金は前後します




2022.6.19

バレンシアガ トリプルS×アディダス
(BALENCIAGA TRIPLE S×adidas)
のコラボスニーカーのソール補強です


先日も同じモデルを補強しました(^^)
これで2足目ですね〜〜




接地面をそれぞれある程度フラットに削り
ゴムを貼っていきます

前3ヶ所には6ミリ厚のクレープゴムを
カカト3ヶ所にはミシュランヒールですね


トリプルS×アディダスのコラボスニーカーのソール補強、1

トリプルS×アディダスのコラボスニーカーのソール補強、2

トリプルS×アディダスのコラボスニーカーのソール補強、3

トリプルS×アディダスのコラボスニーカーのソール補強、4


貼り方ですが

前3つは側面に凹凸がありますので
少し内側でラインを取っています

カカトもそれに合わせていますが
三角部分だけは

後ろ部分が内側に入るように
斜めになっていますので

淵に沿って貼っても
キレイに仕上がってますね(^^)

今回の修理金額は両足で16500円です
状態によって料金は前後します




2022.6.14

バレンシアガ(BALENCIAGA)の
スニーカーソール補強です


コンバース系のソールですが
さすがにこちらのほうがシッカリしています(^^)




ソール接地面を薄く削り
淵の白いラバーを残して
茶色い部分に沿ってゴムを貼ります

ビブラム342ソールに
カカトをミシュランヒールで強化しています


バレンシアガのスニーカーソール補強、1

バレンシアガのスニーカーソール補強、2

バレンシアガのスニーカーソール補強、3

バレンシアガのスニーカーソール補強、4


シャークソールのアメ色は
たま〜に入ってくる別注品です

在庫にないことも多いので
ご希望の方はお早めに(^^)

今回の修理金額は
シャークが8800円、ミシュランが2200円で
合計で11000円です
状態によって料金は前後します




2022.6.13

バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のカカト内側の破れ修理です


ガッツリ破れてますね〜〜(^^)








履き口のステッチを解いて分解し
クッションスポンジを外します

履き口の接着跡に革を縫い付けて、スポンジを戻し
革をカカト内側に巻き込むように接着します

最後にアイレット付近をミシンで縫い付けて
完成ですね(^^)


トリプルSのカカト内側破れの修理、1

トリプルSのカカト内側破れの修理、2

トリプルSのカカト内側破れの修理、3

トリプルSのカカト内側破れの修理、4

トリプルSのカカト内側破れの修理、5


これで布地→本革になり、耐久性もUPしています

これでまだまだ履けますね(^^)

今回の修理金額は両足で15400円です
状態によって料金は前後します




2022.6.13

バレンシアガ トリプルS×アディダス
(BALENCIAGA TRIPLE S×adidas)
のコラボスニーカーのソール補強です


先日発売されたというトピックを見ましたが
まだ日本には入っていないんだとか・・

本気ですね(^^)




ソール接地面6ヶ所をある程度フラットに削り
それぞれにゴムを貼っていきます

前3枚は6ミリ厚のクレープゴム
カカト3枚はミシュランヒールです











アッパーのデザイン以外はほぼ同じ
と思いきや

カカト内部のクッションがかなり薄めです

通常のトリプルSは5ミリ厚程度のスポンジを
2枚重ねているんですが

おそらく1枚なんでしょうね〜

・・意図はよくわかりません(^^)

今回の修理金額は両足で16500円です
状態によって料金は前後します




2022.6.7

バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のソールにゴムを貼って補強します


ここのところトリプルSのソール補強ばかり
やっている気がします・・・(^^)アリガトウゴザイマス!






ソール接地面6ヶ所をそれぞれ削り
外側の縁から少し内側のラインでゴムを貼ります

前3箇所には6ミリ厚のクレープゴムを
カカト3枚にはミシュランヒールです


トリプルSの底にゴムを貼って長持ちさせる、1

トリプルSの底にゴムを貼って長持ちさせる、2

トリプルSの底にゴムを貼って長持ちさせる、3

トリプルSの底にゴムを貼って長持ちさせる、4


6箇所ともクレープにするほうが
見た目的には統一感があるのですが(^^)

カカトはよく減るので
丈夫なゴムにしています♪

今回の修理金額は両足で16500円です
状態によって料金は前後します




2022.6.6

バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のソール補強、5足口です


5足口!!(^^)

未だかつてないほどSSSSSSSSSSSSSS・・
しています












こうして画像を並べてみても圧巻ですね(^^)

カカトの減ったもの、新品、グッチとのコラボなど
種類も多彩です♪


トリプルSのソール補強、5足口、1

トリプルSのソール補強、5足口、2

トリプルSのソール補強、5足口、3

トリプルSのソール補強、5足口、4

トリプルSのソール補強、5足口、5


はい完成です(^^)

これでガンガン履いてくださいね〜〜

今回の修理金額は
それぞれ両足で16500円です
状態によって料金は前後します




2022.4.30

バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のソール補強修理です


こうして新品のうちにご依頼いただくと
身が引き締まる思いです(^^)




接地面が6箇所に分かれていますので
それぞれをある程度フラットに削ります

その上で、外側の淵から少し内側でラインを取り
それぞれにゴムを貼っていきます

前3箇所には6ミリ厚のクレープゴムを
カカト3箇所にはミシュランヒールです


トリプルSのソールを新品のうちに補強、1

トリプルSのソールを新品のうちに補強、2

トリプルSのソールを新品のうちに補強、3

トリプルSのソールを新品のうちに補強、4


トリプルSはソールが樹脂系ですので
そのまま履くとビックリするほど減りが早いです

カカトが減ってからでも補強できますが
早ければ早いほうが仕上がりはキレイです

ご依頼はお早めに(^^)

今回の修理金額は両足で16500円です
状態によって料金は前後します





バレンシアガ(BALENCIAGA)のサンダルの
ソール補強修理です


サンダルも履けば底が減りますので
長く履くなら補強ですね(^^)




接地面を薄く削り、淵から少し内側のラインで
全体にゴムを貼っていきます

今回は6ミリ厚のクレープゴムを使いました


バレンシアガのサンダル補強修理、1

バレンシアガのサンダル補強修理、2

バレンシアガのサンダル補強修理、3


サンダルは足をホールドする部分が少ないので

カカト強化をすると、カカトだけ重くなって
バランスが悪くなってしまいます

耐久性の問題はあるにしても
同じゴムで一面貼るのがオススメです(^^)

今回の修理金額は両足で5500円です
状態によって料金は前後します




バレンシアガ(BALENCIAGA)スピードトレーナー
のカカトのホツレ修理です


内側から縫っている部分なので同じようにはできませんが
できるだけ近い感じで縫い付けます(^^)

バレンシアガのホツレ修理、1

バレンシアガのホツレ修理、2

バレンシアガのホツレ修理、3


針と糸、手縫いでコツコツ縫っていきます(^^)

どうしても粗い仕上がりになってしまいますが
黒なので目立ちにくいのが救いですね


バレンシアガのホツレ修理、4

バレンシアガのホツレ修理、5

バレンシアガのホツレ修理、6


いかがでしょうか?

縫った部分だけ糸の量が増えたぶん固くなり
窪みが大きくなっています

とはいえ、そこまで見る人もあまり居ないと思いますし
履けばご自身からは死角になります

気にせずいきましょう(^^)

今回の修理金額は片足で2200円です
状態によって料金は前後します




バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のソールにゴムを貼ってすり減りを予防します


カカトが少し減っていますが
これぐらいならそのままゴムが貼れそうです(^^)

トリプルSのソールは早めにゴムを貼ろう、1

トリプルSのソールは早めにゴムを貼ろう、2

トリプルSのソールは早めにゴムを貼ろう、3

トリプルSのソールは早めにゴムを貼ろう、4


接地面6ヶ所をある程度フラットに削り落として
外側の淵から少し内側のラインでゴムを貼ります

前3枚には6ミリ厚のクレープゴム
カカト3枚にはミシュランヒールです


トリプルSのソールは早めにゴムを貼ろう、5

トリプルSのソールは早めにゴムを貼ろう、6

トリプルSのソールは早めにゴムを貼ろう、7

トリプルSのソールは早めにゴムを貼ろう、8

カカトは減りすぎた部分が斜めに削れて残っていますが
これを消すほど接地面を削ると穴が空いてしまいそうです

なので、これぐらいが無難なラインだと思います(^^)

今回の修理金額は両足で16500円です
状態によって料金は前後します




バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のソールを新しいうちに補強します


新品(ほぼ新品?)のソールですね〜

トリプルSのソールは経えりすぎると穴が空くので
できるだけ早めにゴムを貼るのをオススメします(^^)

トリプルエスのすり減り防止、ソール補強修理です、1

トリプルエスのすり減り防止、ソール補強修理です、2

トリプルエスのすり減り防止、ソール補強修理です、3

接地面6ヶ所をそれぞれ少し削ってフラットっぽくし
外側の淵から少し内側のラインでゴムを貼っています

今回はベージュ系のゴムを使いました

前3枚にアメ色のクレープゴム6ミリ
カカト3枚にベージュのミシュランヒールです

トリプルエスのすり減り防止、ソール補強修理です、4

トリプルエスのすり減り防止、ソール補強修理です、5

トリプルエスのすり減り防止、ソール補強修理です、6


全部にクレープゴムを貼ると同じ色でキレイなのですが

カカトに貼るゴムとしては少し減りが早いので
悩みどころですね(^^)

今のところベージュ系はこの方法で落ち着いています

今回の修理金額は両足で16500円です
状態によって料金は前後します




バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のソール補強修理です


カカトがちょーーーーーっと減りすぎていますね〜〜(^^)

以前はスポンジなどを足したりしていたのですが
今回はこのままゴムを貼ります










減りすぎた部分は、もう少し削って均します

他の部分もフラットに削りながら
減りすぎている箇所はなだらかにしていきます

その上で前3枚に6ミリクレープゴムのアメ色を
カカト3枚にはミシュランヒールのベージュを貼っています


トリプルSのソール補強修理、1

トリプルSのソール補強修理、2

トリプルSのソール補強修理、3

トリプルSのソール補強修理、4


ゴムを曲げて貼っているので、若干イビツですが(^^)
スポンジを足すよりもキレイに仕上がっています

あとは、これ以上減らさないように
早め早めに貼り替えていきましょう♪

今回の修理金額は両足で16500円です
状態によって料金は前後します



バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のホツレのミシンステッチ修理です


靴紐を通すループが根元からホツレて抜けています

やはりソールが曲がらないぶん負担がかかるんですね〜
今回は抜けただけなのでサクッと縫い直します(^^)

トリプルSのミシンステッチホツレの縫直し修理です、1

元々縫い付けていたステッチを2本、部分的にほどいて
元のように入れ込んで縫い直しています

強度を出すために、元よりも若干短めにして
ステッチ2本とも踏んで縫うようにしています

トリプルSのミシンステッチホツレの縫直し修理です、2

トリプルSのミシンステッチホツレの縫直し修理です、3

ホツレはループの先1ミリぐらいでしたので
おそらく元々きちんと縫われてなかったのでしょう

まあ、工業製品アルアルですね(^^)

キチンと縫い付けましたが、どうしても負担がかかる部分なので
走ったりとかは、しないほうがいいと思います♪

今回の修理代金は1箇所で1320円です
状態によって料金は前後します






もっと見る→





当サイトは基本的にリンクフリーですが
事前にご連絡いただけるとありがたいです

また当サイトをご紹介いただく為でない場合は
画像、文章、その他一切の無断転用を禁止させていただきます

ブログ等で当サイトを宣伝していただくのは大歓迎です(^^)




2022.