バレンシアガ(BALENCIAGA)
の修理を専門家が解説します


15年以上の修理実績と技術!
特に「トリプルS」のソール補強に強い!


クリストバル・バレンシアガによって設立された
フランスのブランド 【BALENCIAGA】

その中でものトリプルSのソール補強は
これまで数多くの施工経験があります

他店ではなかなか受けてもらえない
特殊な修理ですが

当店では十分な経験があり
その仕上がりに大変お喜びいただいています

プロの技術をぜひお試しください(^^)


とりあえず聞きたいことがある!」という方は↓
メール→Mail     LINE→



具体的なバレンシアガの修理の実例の画像や
修理方法の詳しい解説は下記をご覧ください↓





2022.11.27

バレンシアガ トリプルS(TRIPLE S)
のソール補強です


新品のうちに底にゴムを貼ります(^^)




6ヶ所に分かれた接地面を
それぞれ削って面を作ります

前3枚は6ミリ厚のクレープゴムを
カカト3枚はミシュランヒールを貼っています


トリプルSのソール補強、1

トリプルSのソール補強、2

トリプルSのソール補強、3

トリプルSのソール補強、4


トリプルSのソールは内部が空洞なので
すり減ると穴が開きます

それを超えてさらに減りすぎると
修理できなくなってしまいますので

ご依頼はお早めに(^^)

今回の修理金額は両足で16500円です
状態によって料金は前後します




2022.11.14

バレンシアガ トリプルS×アディダス
(BALENCIAGA TRIPLE S×adidas)
のコラボスニーカーのソール補強です


こちらのモデル、ブラックもあるんですね(^^)
ソールにゴムを貼って長く履けるようにしますよ〜




接地面6箇所をそれぞれ少し削り
ゴムが貼れる面を作ります

その上で、外側の淵から少し内側で
それぞれにゴムを貼っていきます

前3ヶ所には6ミリ厚のクレープゴムを
カカト3ヶ所にはミシュランヒールを貼っています

※カカト三角は淵に沿って貼っています


トリプルS×アディダスのコラボスニーカーのソール補強、1

トリプルS×アディダスのコラボスニーカーのソール補強、2

トリプルS×アディダスのコラボスニーカーのソール補強、3

トリプルS×アディダスのコラボスニーカーのソール補強、4


はい完成です(^^)

こうしてゴムを貼り、それを貼り替えていけば
ソールを傷めずに履けますね♪

今回の修理金額は両足で16500円です
状態によって料金は前後します




2022.11.7

バレンシアガ トリプルS(TRIPLE S)の
カカト内側の破れ修理です


ここら傷むのはトリプルSの宿命ですね(^^)




内部スポンジは幸い無事でしたので
取り出して再利用しています

履き口を分解し、革を縫い付けていきます


なんだかよくわからない画像ですみません・・


その縫い付けた革をカカト内側に巻き込むように
しっかりと接着しています


トリプルSのカカト破れ修理、1

トリプルSのカカト破れ修理、2

トリプルSのカカト破れ修理、3

トリプルSのカカト破れ修理、4

トリプルSのカカト破れ修理、5


はい完成です(^^)

こうして革で修理すればキレイに治ります
破れが気になる方はご検討くださいませ〜

今回の修理金額は両足で15400円です
状態によって料金は前後します




2022.11.6

バレンシアガ(BALENCIAGA)のソール補強です


ソールを合わせると文字になるデザインですね(^^)






接地面を薄く削り、淵から少し内側のラインで
全体にゴムを貼ります

ビブラム342ソール、通称シャークソールです


バレンシアガのスニーカーソール補強、1

バレンシアガのスニーカーソール補強、2

バレンシアガのスニーカーソール補強、3

バレンシアガのスニーカーソール補強、4


ソールが削れるとデザインが損なわれるような
こういったモデルこそ、ソール補強ですね(^^)

今回の修理金額は両足で8800円です
状態によって料金は前後します




2022.10.10

バレンシアガ トリプルS(TRIPLE S)
のソール補強修理です


底面にゴムを貼って長持ちさせます(^^)




6箇所それぞれをある程度フラットに削り
ゴムを貼っていきます

前3枚は6ミリ厚のクレープゴムを
カカト3枚にはミシュランヒールを使っています


トリプルSの底のゴムを貼って長持ちさせる、1

トリプルSの底のゴムを貼って長持ちさせる、2

トリプルSの底のゴムを貼って長持ちさせる、3

トリプルSの底のゴムを貼って長持ちさせる、4


トリプルSのソールは樹脂系なので
そのまま履くとあっという間にカカトが減ります(^^)

あまり減りすぎると
修理自体ができなくなりますので

早めの施工がオススメです♪

今回の修理金額は両足で16500円です
状態によって料金は前後します




2022.10.2

バレンシアガ トリプルS(TRIPLE S)
の補強ゴムのメンテナンス修理です


以前貼ったゴムがすり減りましたので
「減った箇所」のみ貼り替えます(^^)






つま先のU字とカカト三角部分が減っていますね〜

それぞれを同じゴムで貼り替えて
すっかり元通りです(^^)


トリプルSの補強ゴムのメンテナンス修理、1

トリプルSの補強ゴムのメンテナンス修理、2

トリプルSの補強ゴムのメンテナンス修理、3


他の4ヶ所はそうそう減りませんので
何度目かのメンテで順番に貼り替える感じでしょうか

実は、この4ヶ所を貼り替えた事例は
今のところ一度もありません(^^)


今回の修理金額は
つま先が4400円、カカトが2200円です
状態によって料金は前後します




2022.9.30

バレンシアガ トリプルS(TRIPLE S)
の底にゴムを貼り長持ちさせます


6ヶ所に分かれたセパレートタイプのソールに
それぞれゴムを貼ります(^^)






接地面をある程度フラットに削り
外側の淵から少し内側のラインでゴムを貼ります

前3枚は6ミリ厚のクレープゴムを
カカト3枚はミシュランヒールを使っています


トリプルSの底にゴムを貼って補強、1

トリプルSの底にゴムを貼って補強、2

トリプルSの底にゴムを貼って補強、3

トリプルSの底にゴムを貼って補強、4


こうして接地面を補強しておけば
あとは減った箇所だけ貼替えしていけます

カカト三角とつま先はけっこう減りますが
それ以外の4箇所の減りは緩やかです(^^)

今回の修理金額は両足で16500円です
状態によって料金は前後します




2022.9.27

バレンシアガ トリプルS(TRIPLE S)の
ソール補強、2足口です


2足とも新品でのご依頼です
ありがとうございます(^^)






どちらも同じ作業で

6ヶ所の接地面をそれぞれ削り
ゴムを貼っていきます

前3ヶ所は6ミリ厚のクレープゴムを
カカト3ヶ所はミシュランヒールです


トリプルSのソールを新品のうちに補強、1

トリプルSのソールを新品のうちに補強、2

トリプルSのソールを新品のうちに補強、3


今回はベージュ系の方にも黒いゴムを貼っています

ベージュ系のゴムもありますので
ここはご希望をお聞かせください(^^)


トリプルSのソールを新品のうちに補強、4

トリプルSのソールを新品のうちに補強、5

トリプルSのソールを新品のうちに補強、6


はい、2足とも完成です

こうしてすり減りを予防して
ガンガン履いていきましょう(^^)

今回の修理金額はそれぞれ両足で16500円です
状態によって料金は前後します




2022.9.10

バレンシアガ トリプルS(TRIPLE S)のソール補強です


他店でカカト修理をされていますが
今回はソール全体を補強します(^^)






カカトに貼っているゴムはしっかり付いていますので
このまま土台に使うことにします

それぞれの接地面をある程度平らに削り
ゴムを貼っていきます

前3枚は6ミリ厚のクレープゴムを
カカト3枚はミシュランヒールを貼りました


他店修理のトリプルSのソール補強修理、1

他店修理のトリプルSのソール補強修理、2

他店修理のトリプルSのソール補強修理、3

他店修理のトリプルSのソール補強修理、4


今回はベージュ系のゴムをご希望でしたので
アメ色のクレープとベージュのミシュランですね(^^)

前後で色の違いは出てしまいますが
これはこれで柔らかい雰囲気に仕上がります♪

今回の修理金額は両足で16500円です
状態によって料金は前後します




2022.8.31

バレンシアガ トリプルS(TRIPLE S)
のソールにゴムを貼って長持ちさせます


当店の定番修理ですね(^^)
トリプルSのソール補強です




こちらのソールは樹脂系ですので
普通に履くだけであっという間にカカトが減ります

しかも、その構造上どうしてもカカトを擦りがちで
より減らせてしまうという側面もあります


トリプルSのソールゴム貼り補強、1

トリプルSのソールゴム貼り補強、2

トリプルSのソールゴム貼り補強、3

トリプルSのソールゴム貼り補強、4


こうして最初にゴムを貼っておけば
安心して履けますね(^^)

もちろん少し減ってからでもゴムを貼れますが

やはり、キレイなうちに貼るほうが
仕上がりがキレイです♪

今回の修理金額は両足で16500円です
状態によって料金は前後します




2022.8.16

バレンシアガ トリプルS(TRIPLE S)
のソールにゴムを貼って補強します


ほぼ新品の状態での補強です(^^)




それぞれ6箇所の接地面を
ある程度フラットに削り落とし

前3ヶ所には6ミリ厚のクレープゴムを
カカト3ヶ所にはミシュランヒールを貼っています


トリプルSのソールにゴムを貼って補強します、1

トリプルSのソールにゴムを貼って補強します、2

トリプルSのソールにゴムを貼って補強します、3

トリプルSのソールにゴムを貼って補強します、4


樹脂系のトリプルSのソールは
そのまま履くと減るのがメチャ早いです(^^)

長く履くなら補強必須!!

だと思います♪

今回の修理金額は両足で16500円です
状態によって料金は前後します




2022.8.14

カカトの減りすぎたバレンシアガ トリプルS
(TRIPLE S)のソール補強修理です


カカトがかなり減っていますので
少しイビツな形でゴムを貼ります(^^)






6箇所の接地面をそれぞれ削り
減りすぎたカカトは慎重に整えていきます

その上で、それぞれにゴムを貼って
補強をしています

前3枚がクレープゴムの6ミリ厚
カカト3枚がミシュランヒールです


カカトの減りすぎたトリプルSのソール補強修理、1

カカトの減りすぎたトリプルSのソール補強修理、2

カカトの減りすぎたトリプルSのソール補強修理、3

カカトの減りすぎたトリプルSのソール補強修理、4

カカトの減りすぎたトリプルSのソール補強修理、5


カカトの減り具合は
ゴムが貼れるギリギリなので

これ以上減らさないよう
お気をつけください(^^)

今回の修理金額は両足で16500円です
状態によって料金は前後します




2022.8.6

トリプルS(TRIPLE S)のソール補強修理です


滋賀県からわざわざバイクでお越しいただきました(^^)
遠いところ、猛暑の中、本当にありがとうございます




6箇所に分かれた接地面を
それぞれある程度フラットに削り落とし

外側の淵から少し内側のラインで
ゴムを貼っていきます

前3ヶ所には6ミリ厚のクレープゴムを
カカト3ヶ所にはミシュランヒールを使っています


トリプルSのソールにゴムを貼って長持ちさせます、1

トリプルSのソールにゴムを貼って長持ちさせます、2

トリプルSのソールにゴムを貼って長持ちさせます、3

トリプルSのソールにゴムを貼って長持ちさせます、4


はい完成です(^^)

あとは履いていく中で減った箇所のみを貼り替えれば
コスパもいいですね♪

カカトの三角部分が最初に減ると思いますので
時々、減り具合をチェックしてくださいませ

今回の修理金額は両足で16500円です
状態によって料金は前後します




2022.7.20

トリプルS(TRIPLE S)のソール補強です


新品のうちにゴムを貼ってすり減りを予防します(^^)




6箇所に分かれたソール接地面を
それぞれある程度フラットに削り落とし

前3枚は6ミリ厚のクレープゴムを
カカト3枚はミシュランヒールを貼っています


トリプルSのソール補強修理、1

トリプルSのソール補強修理、2

トリプルSのソール補強修理、3

トリプルSのソール補強修理、4


新品のソールを削ってゴムを貼ることは
やはり賛否両論あると思います(^^)

それでも、高額スニーカーを消耗品にしたくないなら
ソール補強は選択肢の一つだと思います

メリット、デメリットを天秤にかけてご判断ください♪

ご依頼待ってますよ〜〜〜

今回の修理金額は両足で16500円です
状態によって料金は前後します




2022.7.4

バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のソールの修理です

カカトがガッツリ減ってますね〜〜
たぶん、今までで一番減ってます(^^)

ちょっとイビツになりますが
ゴムを貼って履けるようにします♪






接地面をそれぞれ削りますが

カカト三角と外側の部分は
なんとかゴムが貼れるようにうまく削ります(^^)

貼り付けるゴムはいつもどおりで

前3枚が6ミリ厚のクレープゴムを
カカト3枚にミシュランヒールを

貼っています


カカトの減りすぎたトリプルSのソール補強修理、1

カカトの減りすぎたトリプルSのソール補強修理、2

カカトの減りすぎたトリプルSのソール補強修理、3

カカトの減りすぎたトリプルSのソール補強修理、4

カカトの減りすぎたトリプルSのソール補強修理、5


これでまだまだ履けそうですね(^^)

これ以上減らしてしまうと
さすがに修理が難しくなりますので

早めの貼替えをお願いします〜

今回の修理金額は両足で16500円です
状態によって料金は前後します




2022.6.19

バレンシアガ トリプルS×アディダス
(BALENCIAGA TRIPLE S×adidas)
のコラボスニーカーのソール補強です


先日も同じモデルを補強しました(^^)
これで2足目ですね〜〜




接地面をそれぞれある程度フラットに削り
ゴムを貼っていきます

前3ヶ所には6ミリ厚のクレープゴムを
カカト3ヶ所にはミシュランヒールですね


トリプルS×アディダスのコラボスニーカーのソール補強、1

トリプルS×アディダスのコラボスニーカーのソール補強、2

トリプルS×アディダスのコラボスニーカーのソール補強、3

トリプルS×アディダスのコラボスニーカーのソール補強、4


貼り方ですが

前3つは側面に凹凸がありますので
少し内側でラインを取っています

カカトもそれに合わせていますが
三角部分だけは

後ろ部分が内側に入るように
斜めになっていますので

淵に沿って貼っても
キレイに仕上がってますね(^^)

今回の修理金額は両足で16500円です
状態によって料金は前後します





バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のカカト内側の破れ修理です


ガッツリ破れてますね〜〜(^^)








履き口のステッチを解いて分解し
クッションスポンジを外します

履き口の接着跡に革を縫い付けて、スポンジを戻し
革をカカト内側に巻き込むように接着します

最後にアイレット付近をミシンで縫い付けて
完成ですね(^^)


トリプルSのカカト内側破れの修理、1

トリプルSのカカト内側破れの修理、2

トリプルSのカカト内側破れの修理、3

トリプルSのカカト内側破れの修理、4

トリプルSのカカト内側破れの修理、5


これで布地→本革になり、耐久性もUPしています

これでまだまだ履けますね(^^)

今回の修理金額は両足で15400円です
状態によって料金は前後します





バレンシアガ(BALENCIAGA)の
スニーカーソール補強です


コンバース系のソールですが
さすがにこちらのほうがシッカリしています(^^)




ソール接地面を薄く削り
淵の白いラバーを残して
茶色い部分に沿ってゴムを貼ります

ビブラム342ソールに
カカトをミシュランヒールで強化しています


バレンシアガのスニーカーソール補強、1

バレンシアガのスニーカーソール補強、2

バレンシアガのスニーカーソール補強、3

バレンシアガのスニーカーソール補強、4


シャークソールのアメ色は
たま〜に入ってくる別注品です

在庫にないことも多いので
ご希望の方はお早めに(^^)

今回の修理金額は
シャークが8800円、ミシュランが2200円で
合計で11000円です
状態によって料金は前後します





バレンシアガ(BALENCIAGA)トラックの
カカト内側の破れ修理です


部分的な修理ではなく
カカト内側全体を革でカバーします(^^)




履き口のステッチを解いて分解し

淵に革を縫い付けて
内側に巻き込むように接着しています


バレンシアガのトラックのカカト内側破れ修理、1

バレンシアガのトラックのカカト内側破れ修理、2

バレンシアガのトラックのカカト内側破れ修理、3

バレンシアガのトラックのカカト内側破れ修理、4


内部スポンジは無事でしたので
そのまま再利用しています(^^)

他のブランドと違いバレンシアガは
この修理にかなりの手間がかかります

なかなかタイヘンでした(^^)

今回の修理金額は両足で13200円です
状態によって料金は前後します





バレンシアガ(BALENCIAGA)のサンダルの
ソール補強修理です


サンダルも履けば底が減りますので
長く履くなら補強ですね(^^)




接地面を薄く削り、淵から少し内側のラインで
全体にゴムを貼っていきます

今回は6ミリ厚のクレープゴムを使いました


バレンシアガのサンダル補強修理、1

バレンシアガのサンダル補強修理、2

バレンシアガのサンダル補強修理、3


サンダルは足をホールドする部分が少ないので

カカト強化をすると、カカトだけ重くなって
バランスが悪くなってしまいます

耐久性の問題はあるにしても
同じゴムで一面貼るのがオススメです(^^)

今回の修理金額は両足で5500円です
状態によって料金は前後します




バレンシアガ(BALENCIAGA)スピードトレーナー
のカカトのホツレ修理です


内側から縫っている部分なので同じようにはできませんが
できるだけ近い感じで縫い付けます(^^)

バレンシアガのホツレ修理、1

バレンシアガのホツレ修理、2

バレンシアガのホツレ修理、3


針と糸、手縫いでコツコツ縫っていきます(^^)

どうしても粗い仕上がりになってしまいますが
黒なので目立ちにくいのが救いですね


バレンシアガのホツレ修理、4

バレンシアガのホツレ修理、5

バレンシアガのホツレ修理、6


いかがでしょうか?

縫った部分だけ糸の量が増えたぶん固くなり
窪みが大きくなっています

とはいえ、そこまで見る人もあまり居ないと思いますし
履けばご自身からは死角になります

気にせずいきましょう(^^)

今回の修理金額は片足で2200円です
状態によって料金は前後します




バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のソール補強修理です


カカトがちょーーーーーっと減りすぎていますね〜〜(^^)

以前はスポンジなどを足したりしていたのですが
今回はこのままゴムを貼ります










減りすぎた部分は、もう少し削って均します

他の部分もフラットに削りながら
減りすぎている箇所はなだらかにしていきます

その上で前3枚に6ミリクレープゴムのアメ色を
カカト3枚にはミシュランヒールのベージュを貼っています


トリプルSのソール補強修理、1

トリプルSのソール補強修理、2

トリプルSのソール補強修理、3

トリプルSのソール補強修理、4


ゴムを曲げて貼っているので、若干イビツですが(^^)
スポンジを足すよりもキレイに仕上がっています

あとは、これ以上減らさないように
早め早めに貼り替えていきましょう♪

今回の修理金額は両足で16500円です
状態によって料金は前後します



バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のホツレのミシンステッチ修理です


靴紐を通すループが根元からホツレて抜けています

やはりソールが曲がらないぶん負担がかかるんですね〜
今回は抜けただけなのでサクッと縫い直します(^^)

トリプルSのミシンステッチホツレの縫直し修理です、1

元々縫い付けていたステッチを2本、部分的にほどいて
元のように入れ込んで縫い直しています

強度を出すために、元よりも若干短めにして
ステッチ2本とも踏んで縫うようにしています

トリプルSのミシンステッチホツレの縫直し修理です、2

トリプルSのミシンステッチホツレの縫直し修理です、3

ホツレはループの先1ミリぐらいでしたので
おそらく元々きちんと縫われてなかったのでしょう

まあ、工業製品アルアルですね(^^)

キチンと縫い付けましたが、どうしても負担がかかる部分なので
走ったりとかは、しないほうがいいと思います♪

今回の修理代金は1箇所で1320円です
状態によって料金は前後します






もっと見る→





当サイトは基本的にリンクフリーですが

当サイトをご紹介いただく為でない場合は
画像、文章、その他一切の無断転用を禁止させていただきます

ブログ等で当サイトを宣伝していただくのは大歓迎です(^^)




2022.