スニーカーソール(底)を補強して
スニーカーを長持ちさせよう!

〜ゴム貼り補強でスニーカー底を保護、カカト強化〜

「とりあえず聞きたいことがある!」という方は↓

メール→Mail     LINE→

すぐにはムリでも必ずお返事いたします





2022.1.18

ロエベ(LOEWE)のスニーカーソール補強です


大半のスニーカーソールは消耗品なので
そのまま履いてすり減ると、後がタイヘンです(^^)

予防が肝心ですね♪




ソール接地面を薄く削り
淵から少し内側のラインでゴムを貼っています

今回はビブラム342ソールに
カカトをタフZで強化しました

※ビブラムマークは黒塗りしています


LOEWEのスニーカーソール補強、1

LOEWEのスニーカーソール補強、2

LOEWEのスニーカーソール補強、3

LOEWEのスニーカーソール補強、4


これでソール自体が傷まないので
安心して履けますね(^^)

今後のメンテナンスもお任せください

今回の修理金額は両足で11000円です
状態によって料金は前後します




2022.1.16

ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)
のスニーカーの底の補強です


新品でのご依頼です(^^)




ソールの凹凸は凹が多すぎますので
その高さまで削り落としてフラットにします

その上で、淵から少し内側のラインで
全体にゴムを貼っています

今回は6ミリ厚のクレープゴムに
カカトをミシュランヒールで強化しています


ドルチェ&ガッバーナのスニーカーソール補強、1

ドルチェ&ガッバーナのスニーカーソール補強、2

ドルチェ&ガッバーナのスニーカーソール補強、3

ドルチェ&ガッバーナのスニーカーソール補強、4


白いソールの黒いゴムってどうなの?
というご意見もありそうですが

貼ってしまえば「そういう靴」に見えますので
違和感はありませんよ(^^)

今回の修理金額は両足で8250円です
状態によって料金は前後します




2022.1.16

ディオール(Dior)と
ナイキ×コムデギャルソン×シュプリーム
(NIKE×COMME des GARCONS×Supreme)
のスニーカーソール補強です


どちらもほぼ新品ですね(^^)




ディオールは凹凸を削らないと
溝から接着面に水が入るので
接地面を一旦フラットに削り落とします


ディオールのソール補強


その上で、淵から少し内側のラインで
ビブラム342ソール+タフZを貼りました


ナイキは薄く削るだけでゴムが貼れます(^^)


ナイキのソール補強


こちらも同じく淵から少し内側のラインで
342ソール+タフZの仕様です


スニーカーソール補強


これで2足とも安心して履けますね(^^)

今回の修理金額はディオールが12100円
ナイキが11000円です
状態によって料金は前後します




2022.1.11

やや厚底スニーカーのソール補強です


コンバースタイプのソールですが

少し厚底で内部にスポンジクッションが
入っているようです(^^)






カカトが少し減りすぎていましたので
スポンジを足して一旦高さを戻します

その上で、接地面を薄く削り
淵から少し内側のラインでゴムを貼っています

今回はスカルソールに
カカトをミシュランヒールで強化しています


ヒールの減りすぎたスニーカーソール修理、1

ヒールの減りすぎたスニーカーソール修理、2

ヒールの減りすぎたスニーカーソール修理、3

ヒールの減りすぎたスニーカーソール修理、4


スカルは4ミリ厚でミシュランは6ミリなので
継ぎ目に2ミリの段差ができます

ですが、おそらくほとんど気にならないと
思いますよ(^^)

今回の修理金額は両足で10450円です
状態によって料金は前後します




2021.12.26

Y-3(ワイスリー)のハイカットスニーカーの底補強です


ファスナーを2本とも下げると
ベロが外れるモデルですね(^^)




ソールはスーパースターと同じなので
いつもの作業をしますよ(^^)

接地面を薄く削り、淵から少し内側のラインで
全体にゴムを貼ってきます

今回は6ミリ厚のクレープゴムに
6ミリ厚のミシュランヒールでカカトを強化しています


Y-3のソール補強修理、1

Y-3のソール補強修理、2

Y-3のソール補強修理、3

Y-3のソール補強修理、4


6ミリ同士のゴムをつなげるとツライチになりますが

カカトを7ミリにして1ミリの段差を作っても
ほとんど体感できなレベルです

ここはやはりゴムの耐久性と弾力のバランスで
お決めになって下さい(^^)

今回の修理金額は両足で7150円です
状態によって料金は前後します




2021.12.25

ディオール(Dior)のスニーカーソール補強です


こんな凹凸の大きなソールでも
ゴムを貼って補強ができますよ(^^)




接地面の凹凸を削り落として
まずはフラットに加工します

その上で、側面の凹凸の凹に沿って
全体にゴムを貼っていきます

今回は4ミリ厚クレープゴムに
カカトをミシュランヒールで強化しています


ディオールのスニーカーソール補強、1

ディオールのスニーカーソール補強、2

ディオールのスニーカーソール補強、3

ディオールのスニーカーソール補強、4


白いスニーカーですが
底はすぐに汚れますので

当店のおすすめは黒いゴムです(^^)

汚れが気にならないだけでなく
部分貼替えしても色の違いも出ません♪

今回の修理金額は両足で8250円です
状態によって料金は前後します




2021.12.22

UGG(アグ)のハイカットスニーカーのカカト修理です


以前貼ったソール補強ゴムのカカトが減ったので
部分的にカットして貼り替えます(^^)




UGGのカカト貼替え修理、1

UGGのカカト貼替え修理、2


元は4ミリ厚のクレープゴムを貼っていますが
カカト貼替えは6ミリ厚を使っています(^^)


今回の修理金額は両足で2200円です
状態によって料金は前後します




2021.12.18

アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)
のスニーカーのソール補強です


パット見は普通のデザインですが

よく見るとカカトの黒い部分に
スワロフスキーが散りばめられています

さすが!(^^)


※修理前の画像が消えてしまいました・・


ソールを薄く削り、淵から少し内側のラインで
全体にゴムを貼っていきます

ビブラム342ソールを貼り
カカトをタフZで強化する仕様ですね


アレキサンダー・マックイーンのソール補強、1

アレキサンダー・マックイーンのソール補強、2

アレキサンダー・マックイーンのソール補強、3


白系のスニーカーでも
当店のおすすめは黒いゴムでの補強です

理由は

・汚れても気にならない
・部分貼替えをしても色の違いが出ない
・カカト強化など選択肢が多い

といった感じです(^^)

今回の修理金額は両足で11000円です
状態によって料金は前後します




2021.12.10

Y-3のスニーカーソール補強です


こんなセパレートタイプのソールでも
補強ができますよ(^^)






全体の黄色い部分は凹凸をフラットに削り
接着面を作ります

カカトも同じ厚みを削り
前後のバランスが変わらないようにします

その上で、淵から少し内側のラインで

前には6ミリ厚クレープゴムを貼り
カカトにはミシュランヒールを貼っています


Y-3のスニーカーのセパレートタイプのソール補強、1

Y-3のスニーカーのセパレートタイプのソール補強、2

Y-3のスニーカーのセパレートタイプのソール補強、3

Y-3のスニーカーのセパレートタイプのソール補強、4


どちらも6ミリ厚のゴムなので
これでバランスを変えずに履けますね(^^)

すり減ってきたら貼替えもできますので
またお声がけ下さいませ

今回の修理金額は両足で8250円です
状態によって料金は前後します




2021.12.7

ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)
のスニーカーソール補強、2足口です


モデルは違いますがどちらも同じソールですね(^^)

大きくすり減らさないように接地面にゴムを貼ります




どちらも同じ作業で


接地面を薄く削り、淵から少し内側のラインで
全体にゴムを貼っていきます

白いハイカットにはビブラム342ソールを

オレンジのローカットには
6ミリ厚のクレープゴムを使いました


ドルチェ&ガッバーナのスニーカーソール補強、1

ドルチェ&ガッバーナのスニーカーソール補強、2

ドルチェ&ガッバーナのスニーカーソール補強、3


選ぶゴムは、模様、耐久性、価格など
お好きな基準でお選びくださいませ(^^)

どのゴムも貼ってしまえば、自然に仕上がります♪

今回の修理金額は342が8800円
クレープが5500円です
状態によって料金は前後します




別注のビブラム342ソール
いわゆるシャークソールの赤色です(^^)


シャークソールレッド、1


サンプルで作ってみたのですが
発色もキレイでいい感じです(^^)


シャークソールレッド、2


ビブラムの5ミリ厚の赤いゴムがあるのですが
そちらと色味が似ています

今のところスポットで入れましたので
在庫がなくなるまでのご対応となります


シャークソールレッド、3


注文が多い場合は定番化しますので
どしどしご用命くださいませ(^^)



2021.12.3

プラダ(PRADA)のスニーカーソール補強修理です


ピッカピカの新品です(^^)

真っ白いスニーカーを
白いゴムソールで補強しますよ




接地面の凹凸をフラットに削り落として
淵から少し内側のラインでゴムを貼っています

今回は6ミリ厚のクレープゴムを使いました


プラダのスニーカーソール補強、1

プラダのスニーカーソール補強、2

プラダのスニーカーソール補強、3

プラダのスニーカーソール補強、4


これでバッチリ補強できましたね(^^)

ゴムが減ってきたら
部分貼替えも全体貼替えもできますので

またお声がけ下さいませ(^^)

今回の修理金額は両足で6600円です
状態によって料金は前後します




2021.11.24

UGG(アグ)のムートンブーツのソール補強です


今回は厚型のシャークソールで補強をします(^^)




接地面の凹凸がけっこう大きいので
一旦フラットに削り落として表面を作ります

その上で、今回はご希望で淵に沿って
ビブラムS1559ソールを貼っています


UGGのムートンブーツに厚型シャークソール補強、1

UGGのムートンブーツに厚型シャークソール補強、2

UGGのムートンブーツに厚型シャークソール補強、3

UGGのムートンブーツに厚型シャークソール補強、4


当店では淵から少し内側のラインで
ソールを貼ることが多いのですが

ご希望なら淵まで貼ることも可能です(^^)

ご注文の際にお申し付け下さいませ

今回の修理金額は両足で11000円です
状態によって料金は前後します





ベルルッティ(Berluti)のスニーカーの
ソール保護ゴムのカカト貼替え修理です


以前貼った補強ゴムのメンテナンスです
かかとが磨り減ったので新しいゴムで貼り替えます






前回の貼替えは、同じクレープゴム6ミリで行いましたが
今回はミシュランNヒールのベージュを使っています

というのも、ゴム自体にかなり使用感が出てきて
ベージュっぽい色合いになってきているからです

Berlutiのソール修理、1

Berlutiのソール修理、2

Berlutiのソール修理、3


やはり思ったとおり自然に仕上がっていますね

白いゴムを全体貼った際には
何度目かの貼替えでミシュランベージュにすると

見た目と耐久性のバランスが取れますね(^^)

今回の修理金額は両足で2200円です
状態によって料金は前後します





アディダス×プラダ(adidas×PRADA)
のコラボスニーカーのつま先とカカト修理です


以前に貼った補強ゴムのメンテナンスですね

つま先とカカトを強化します!






ギザギザの模様を考えながら
すり減った部分までカットして

部分的に貼り替えています

カカトをタフZを、つま先をミシュランを貼っていますので
342よりも強くなっていますよ(^^)


シャークソールのメンテナンス、1

シャークソールのメンテナンス、2


白くて強いゴムが今のところないため
同じ白いゴムで貼り替えるなら
白クレープゴムか、同じ342ソールの白になります

ですがクレープは342よりも弱いですし
342で全体を貼り替えるとコスパが悪いです


というわけでご相談の結果
黒いゴムで部分的に強化しています

全体の感じはこちら

シャークソールのメンテナンス、3


アッパーが白黒のツートンなので
自然に仕上がっていますね(^^)

こういう仕様の靴に見えるところが
修理のすごいところです♪

今回の修理金額はつま先が2200円
カカトが2750円です
状態によって料金は前後します





ジバンシィ(GIVENCHY)のソックスニーカーの
ソール補強修理です


土踏まずが鋭角に欠けたデザインのソールなので
数軒でいい顔をされなかったそうです

当店なら大丈夫ですよ(^^)




接地面の凹凸をフラットに削り落として
土踏まずを避ける形でゴムをカットして貼り付けています

6ミリ厚クレープゴム+タフZの使用ですね


ジバンシィのソックスニーカーの底補強、1

ジバンシィのソックスニーカーの底補強、2

ジバンシィのソックスニーカーの底補強、3

ジバンシィのソックスニーカーの底補強、4


こちらのソールは内部が空洞ですので
接地面を削りすぎると穴が空いてしまい
そこでソールが終わってしまいます

慣れていないお店に依頼すると
とんでもないことになるかもしれませんので

お店選びは慎重に。(^^)

今回の修理金額は両足で9900円です
状態によって料金は前後します





ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)のスニーカーの
ソールを大型のシャークソールで補強します


今回はいつも使っている342ソールよりも
もっと巨大なシャークソールを使います(^^)








ソール接地面を薄く削り
少し減ったカカトは斜めに削って均します

今回はご希望でソールの淵に沿って貼っています

ビブラムS1559ソールといいます


ラフ・シモンズのスニーカーをシャークソールで補強、1

ラフ・シモンズのスニーカーをシャークソールで補強、2

ラフ・シモンズのスニーカーをシャークソールで補強、3

ラフ・シモンズのスニーカーをシャークソールで補強、4


このソールはかなり厚底ですが
スポンジ系なのでけっこう軽量です

ギザギザで曲がりやすくもなっていますので
ソールの返りもよさそうですね(^^)


今回の修理金額は両足で9900円です
状態によって料金は前後します





Y-3のスニーカーのソール補強修理です


個性的なデザインが特徴の
モードカジュアルブランド、Y-3ですね

今回はセパレートタイプのソールにゴムを貼ります








一見ソール補強や修理はできないように見えますが
ご安心ください(^^)

匠の技でキレイにゴムを貼っていきます

それぞれの接地面を薄く削って

前3箇所には6ミリ厚のクレープゴムを貼り
減りやすいカカトはミシュランヒールで強化しています


Y-3のスニーカーのセパレートソールにゴム貼り、1

Y-3のスニーカーのセパレートソールにゴム貼り、2

Y-3のスニーカーのセパレートソールにゴム貼り、3


これでソールをバッチリ保護できていますので
ガンガン履くことが出来ますね(^^)

それぞれのゴムが減ってきた際には
簡単に貼替えも出来て便利ですよ


今回の修理金額は両足で9350円です
状態によって料金は前後します




ジバンシィ(GIVENCHY)のソックスニーカーの
ソールを保護して長持ちさせます


ソールが細かく別れてるタイプですね〜
最近こういうのをよく見かけるようになりました(^^)

厚底でありながら曲がりやすさも両立できるから
なのでしょうか・・(トリプルSは違いますが)

ジバンシィのセパレートソールの補強、1

ジバンシィのセパレートソールの補強、2

ジバンシィのセパレートソールの補強、3

ジバンシィのセパレートソールの補強、4


それぞれの接地面を少し削ってゴムを貼っていきます

前5ヶ所には4ミリ厚のクレープゴムを
カカト2ヶ所には6ミリ厚のクレープゴムを使いました


ジバンシィのセパレートソールの補強、5

ジバンシィのセパレートソールの補強、6

ジバンシィのセパレートソールの補強、7

ジバンシィのセパレートソールの補強、8


カカトはU字型にゴムを削る必要があるので
硬いカカトゴムは加工できません(今のところ)

なので、若干減りやすいですが
クレープを貼り替えながらいきましょーー(^^)

今回の修理金額は両足15400円です
状態によって料金は前後します




ユナイテッドヌード(United nude)のスニーカーの
ソール保護して長持ちさせます


彫刻のように存在感のあるソールですね(^^)

すり減ると修理がなかなか大変そうなので
先にゴムを貼っておきます♪

ユナイテッドヌードのスニーカーのソール修理、1

ユナイテッドヌードのスニーカーのソール修理、2

ユナイテッドヌードのスニーカーのソール修理、3

ユナイテッドヌードのスニーカーのソール修理、4


接地面が10箇所に分かれていますので
それぞれにゴムを貼っていきます

接地部分を薄く削って、削った面の淵に沿って

前7ヶ所にスカルソール
カカト3ヶ所にミシュランヒールを貼りました


ユナイテッドヌードのスニーカーのソール修理、5

ユナイテッドヌードのスニーカーのソール修理、6

ユナイテッドヌードのスニーカーのソール修理、7

ユナイテッドヌードのスニーカーのソール修理、8


カカトとそれ以外に2ミリの段差ができるのですが

事前に2ミリ厚のものにカカトだけ乗せて
靴を履いていただき

違和感がないことをご確認いただいています

あとは履いていく中で減った箇所だけ貼り替えれば
コスパもいいですね(^^)

それぞれの面積が小さいので
なかなかタイヘンな作業でした〜♪

今回の修理金額は両足で24200円です
状態によって料金は前後します





もっと見る→




当サイトは基本的にリンクフリーですが

当サイトをご紹介いただく為でない場合は
画像、文章、その他一切の無断転用を禁止させていただきます

ブログ等で当サイトを宣伝していただくのは大歓迎です(^^)




2021.